プエブラ教会(Historic Centre of Puebla)/ Wikipedia

9月19日メキシコの首都メキシコ市近郊で、マグニチュード7.1の地震が発生し、当局によると少なくとも106人が死亡しています。死者はさらに増える恐れがあります。大きな揺れに襲われた同市では複数の建物が崩壊し、救助活動が続いています。9月19日は1985年の大地震からちょうど32年目にあたります。

メキシコ地震当局は、震源はメキシコ市に隣接するプエブラ州チアウトラデタピア(Chiautla de Tapia)の7キロ西としています。

人口2,000万人を抱えるメキシコ市ではこれまでに30人の死亡が確認されています。市内では崩壊した建物29棟のがれきを救助隊やボランティアが掘り起こし、生存者の捜索・救助に当たっています。YouTubeはLive動画です。

各地の地元当局によると、首都の南に位置するモレロス州では42人、西方のメキシコ州では8人が死亡。首都の南東にある町プエブラでは26人が死亡しています。

プエブラ州の州都プエブラ(Puebla)は、1987年に「プエブラ歴史地区」として世界遺産(文化遺産)に登録されています。フォルクスワーゲンの工場があり、北米や日本向けの製品の大半はここで生産されています。

カテゴリー: Media

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です