カムチャツカ半島の豊かな自然と美しい景観

クリュチェフスカヤ山 / Wikipedia

クリュチェフスカヤ山(Klyuchevskaya Sopka、ロシア語: Ключевская сопка)は、カムチャツカ半島の最高峰で、ユーラシア大陸最高峰の活火山です。標高は4,750m、見る方向によっては富士山によく似ていることからカムチャツカ富士ともよばれます。

毎年のように噴火しており、2013年10月18日には火山灰が1万メートルに達しています。

カムチャツカの火山群は、ユネスコの世界遺産として1996年12月に登録されています。環太平洋造山帯の中でも、「火山の博物館」の言われるほど、多彩な噴火様式の火山や、それが生み出した地形が存在しています。また、火山の多さや土壌の特質などのために開発が余り行われてこなかったことから、景観美や生物多様性も十分に保持されています。

カムチャツカ地方の首府ペトロパブロフスク・カムチャツキーは、人口19万8千人、天然の良港であり不凍港です。ただし、ロシアの他の都市と連絡する陸路はなく、生活物資の輸送や産業活動の展開は海路と空路に完全に依存しています。現在でもロシア海軍の太平洋艦隊の重要な軍港ともなっています。
最近では、世界遺産に登録されたカムチャツカ半島の火山群や、市周辺の自然や動植物を観光するための拠点となり、特にアラスカから来る米国の観光客が多く訪れているそうです。

疲れたクマさんが休憩(笑)と、素晴らしい火山の景観

Fatigué…Lac Kouril, Kamtchatka. (photo: Alexey Perevozov) / Facebook
Parmi la féerie du Kamtchatka(photo : Denis Boudkov) / Facebook

「カムチャツカ…ただでさえ近くて遠い国ロシア、その中でも東のはずれに位置する半島。なじみがない。地理の授業でも出てこない。ならばこそ、どんな風景がそこにあるのか見てみたい」 カムチャッカのアバチンスキー登山を紹介しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です