Mckenna Grace: Gifted (2017) / IMDb

映画ギフテッド(Gifted)が日本で11月23日に公開されます。ギフテッド(Gifted, Intellectual giftedness)は、先天的に、平均よりも、顕著に高度な知的能力、または持っている人を指します。

米国のフロリダに暮らす、ちょっと変わった2人と1匹の家族。7歳の生意気ざかりのメアリー(Mckenna Grace)と、彼女の叔父でシングルのフランク、そして“歴史上一番すごい猫”のフレッドです。

メアリーには生まれながらにして数学の天才的な才能がありましたが、「普通に育てたい」というメアリーの母である亡き姉の遺志に従って、叔父のフランクはメアリーの英才教育を頑なに拒みます。

しかし、そこへ縁を切ったはずのフランクの母親が現れ、彼からメアリーを奪おうとします。歴史を変える才能の開花か、愛する者と生きる人生か─果たして、メアリーにとってどちらが幸せなのか? さらに悩めるフランクには、姉から託された“ある秘密”があった─。

この映画は「どんな優れた才能よりも、いちばん大切なのは、愛する才能だと教えてくれる、すべての人生を称える物語」になっているようです。人生で最高の宝物なのかも知れません(^^)

日本の「ギフテッド教育」は、かなり遅れているのが実情のようです。標準を最重要視する日本社会では「いじめ」に結びついたり、生きづらさとなってしまいます。興味深い映画ですね(^^)

中国の上海名門校10校の校長が上海青年幹部管理学院に隔週日曜に集まり、保護者らと対談するという8〜9月に活動が行われました。そこでは、ほぼすべての校長が口を揃えて、保護者は子どもたちの貴重な時間を「早期英才教育」によって浪費しないようにとアドバイスをしていたそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です