SINGULARITY / Visual Suspect

いま人工知能(AI)は人間の画像解析能力を超えて、膨大な映像(画像)から学習しながら特定人物や物体を探索、認識できる時代になっています。

シンギュラリティ(Singularity)は特異点という意味ですが、このショートムービー(シンギュラリティ)は、人工知能があらゆる映像やデータを人間を越える指数関数的スピードでに認識して学習している様を表現しています。

今日的なテーマのシンギュラリティ(Singularity)を映像として巧みに表現、意図を分かりやすく惹きつける作品にしています(^^)

制作したのは、香港を拠点に15カ国で活動しているメディア制作プロダクション「Visual Suspect」です。Webサイトや他の制作ムービーからも、CGデザインや映像制作能力の高さが解ります(^^)

このムービーでは「一点透視図法」を用いて、あえて静止した人物にズーミングするシーンを織り交ぜながら、観る人の視点を画面の中心点に固定化させています。画面に惹き込まれる効果がありますが、映画ではスタンリー・キューブリック監督が多用したのは有名です。

SINGULARITY from Visual Suspect on Vimeo.

スタンリー・キューブリックの視点「一点透視」動画



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です