Googleの楽しそうな AIY Vision Kit とAIY Voice Kit

DIYは自分でやろう(自作)ということですが、Googleの AIY(Do-it-yourself artificial intelligence)プロジェクトから楽しそうなキットが発表(発売)されています。Vision Kit(製品では AIカメラほか)とVoice Kit(製品はGoogleアシスタント)です。外観がダンボール製なのは、世界中の人々に AIサービスをできるだけ安価に手軽に、さまざまなデバイスに組み込んで試せるようにするためです。Googleらしい知的生産の重要性や AIファーストのポリシーも感じますね(^^)

Google AIY Vision Kit and AIY Voice Kit

この2つの製品は人工知能(AI)と繋がる 目、耳、口に相当するキットです。画像認識AIの「Vision Kit」は12月31日発売予定、別途に「Raspberry Pi Zero W」と、カメラ「Raspberry Pi Camera 2」、microSDカード、電源アダプターなどが必要です。価格は44.99ドル(約5,000円)です。発売中のスマートスピーカーに相当する「Voice Kit」は、24.99ドル(約3,000円)でオンライン販売されています。楽しく最先端AI技術を学ぶことができる組立キットです(^^)

キットが初めから持っている機能以外にも、SDK(ソフトウェア開発キット) とTensorFlow(Googleが提供する機械学習ライブラリ)を利用して、機能拡張、カスタマイズが行えます。Raspberry Piがあれば、より手軽に最先端AI技術を追加することができます。私たちの創造力を問う無限の可能性、21世紀型デジタルスキルの重要な一分野です。

YouTubeは、Google AIY Voice Kitについての説明動画(1/3)です。