ルイス・フォンシ(Luis Fonsi)のデスパシート(Depacito)は、歴代最多記録に並ぶ16週連続全米No.1、15か国のオフィシャル・シングル・チャートにて1位、YouTube再生回数は世界歴代最多の45億回を超えて記録更新中です。スペイン語の楽曲としても史上最大のヒット曲です。

魅力的なミュージックビデオは、ルイスとダディー・ヤンキー(Daddy Yankee)さんの故郷でプエルトリコの首都サンファンで撮影されています。この女性はミス・ユニバース2006のプエルトリコ出身スレイカ・リベラ(Zuleyka Rivera)さんです。(この時の2位が知花くららさん)

Luis Fonsi – Despacito ft. Daddy Yankee / YouTube

ルイスは「ハッピーとムーブメントとセクシーさにあふれてて、人々がこれを聞いたら歌いだし踊り出しちゃうような曲にした」と語っています。魅力的でそんな曲ですよね(^^)

2017年1月にリリースされ、4月17日にジャスティン・ビーバーが参加した新バージョンが発表されたことにより一気に火が点き世界的なムーブメントとなりました。世界中でカバー(YouTube)されています。ジャスティン・ビーバー版は、未成年が多いので英語の部分は特に気を使ったようです。Maria GOWさんの日本語カバーも少しマイルドにしています(下記YouTube)

デスパシートの歌詞も話題になり、7月20日にマレーシア政府が歌詞が性的すぎるし、「despacito」のタイトルが女性の体をゆっくり触るという意味なので、イスラム教の戒律に反してるということで放送禁止にしたそうです。ラテン音楽界がルイスに「この歌はセクシー(エッチ)ですよね」とインタビューしたら、「確かにかなりsensual(セクシャル)ではあるけど、女性蔑視や下品という一線は越えてない」と説明しています。

「ラテンのカルチャーでわかるセンシュアルな歌詞の表現」について、サルサやレゲトン等ラテン音楽やダンスが好きで、メキシコやコロンビア、欧州にも住んでいた日英西3か国語がOKの dia felizさんが、この「Despacito」について、文化的背景を含めて詳しく解説しています(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です