米国やカナダ、日本、中国、ロシアなど、広い範囲に記録的な大寒波が襲来しています。中国とロシアの国境にあるハンカ湖(ロシア語: о́зеро Ха́нка、中国語:興凱湖・Xingkai)では、数十キロにわたって巨大な「氷の壁」が出現しました。初めは3〜4mの高さでしたが、時間が経つにつれて、高いところで20m以上に上昇しています。2017年12月30日に「強烈な寒波によって湖上に氷の壁が作られる」と中国の国営放送、中国中央電視台(CCTV)が報じました。

Ice Wall Formed on China Russia Border Lake / YouTube

中国の科学者によれば、これまで起きたことがないそうです。ハンカ湖の気象観測所長(Xu Zhong)は、この地域は1週間ほど最低気温は氷点下20度を大きく下回っており、持続的な強い寒気と湖面の下の水の流れとで「氷の壁」が形成されたと推測しています。

長く続く巨大な氷の壁は、氷の「万里の長城」のようにも見えます。強大な自然が生み出した美しいシーン、珍しい光景を目撃するために観光客や親子連れが遊びに訪れています。緯度も北海道と近く、札幌からは東京よりも近いんですね(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

jaJA
en_USEN jaJA