2018年1月17日、Googleが提供するクラウドのAI(人工知能)サービス(Google Cloud Machine Learning Engine)を、ユーザー企業が容易にカスタマイズできる「Cloud AutoML」を発表しました。
最初の Cloud AutoMLは、画像認識の「Cloud Vision API」に新機能「Cloud AutoML Vision」を追加して、機械学習モデルを容易にカスタマイズすることを可能にします。

Introducing Cloud AutoML / Google

先ず、WebベースのUIを使って「教師データ(メタデータ付)」を登録します。Cloud AutoML Visionは転移学習(Transfer Learning)を使って新しい被写体をAIに学習させます。Cloud AutoML Visionは、学習済みの画像認識モデルを新しい被写体に対応させるため、学習にビッグデータは必要ありません。具体的には、数十件程度の「教師データ」を登録するだけで、新しい被写体が認識可能になります。

ユーザー企業は、Cloud AutoML Visionを利用することで、業種や業務内容に特化した画像認識AIをプログラミング不要で実現できるようになります。
Google Cloud AI部門のチーフ・サイエンティストであるFei-Fei Li氏は「一般企業におけるAI活用の最大の課題は、AI人材や予算を確保できないことだ。専門家がいなくても企業がAIの利便性を享受できるようにすることが Cloud AutoMLの狙いだ」と、述べています。

すでに米国では実証実験が行なわれており、URBN(Urban Outfitters)、ディズニー、ZSL(ロンドン動物学会)などの企業、団体が参加。いずれの場合でも有用性が確認されているということです。

Googleの機械学習(AI)を自動で最適設計する AutoML



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です