13日午後9時(日本時間14日午前10時)、トランプ大統領はホワイトハウスでテレビ演説し、米英仏が共同でシリアのバッシャール・アサド(Bashar al-Assad)政権への軍事的攻撃を開始したと発表しました。シリアのアサド政権が、4月7日に反体制派が支配していた東グータ地区ドゥーマ(Douma)に化学兵器攻撃を実施したとみられていることについて、「この虐殺は、とてもひどいあの政権の化学兵器使用のパターンが非常にエスカレートしたことを示している」と語りました。

Flares lit up the skies over Damascus, the Syrian capital, early Saturday morning as President Donald Trump announced military airstrikes by the U.S., in cooperation with French and British allies. (April 13) / AP

トランプ大統領は「私は米軍にシリアの独裁者バッシャール・アサドの化学兵器関連を目標とする精密攻撃の開始を命じた」と語り、さらに「フランスおよび英国の軍と合同で作戦を進行中だ。両国に感謝する」と述べています。

マティス国防長官は、国防総省でシリアのアサド政権への攻撃について、「われわれはアサドに明白なメッセージを送った」と述べました。また、マティス氏は「国連(UN)が後押ししているジュネーブ和平プロセスによるシリア内戦終結に、全ての文明国家が至急結束すべき時だ」と述べるとともに、米軍の損害の報告はなく、さらなる攻撃は計画されていないと明らかにしました。


カテゴリー: FranceMediaSyriaUKUSA

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.

jaJA
en_USEN jaJA