ボリウッド(Bollywood)の発展と実力

RajMandirCinema / 4ocima

ボリウッド(英:Bollywood)はインド・ムンバイの映画産業全般につけられた非公式な名称。ムンバイの旧称「ボンベイ」の頭文字「B」と、アメリカ映画産業の中心地「ハリウッド」を合わせてつけられました。

ボリウッド及びその他の地域の映画産業(タミル語、マラーティー語、ベンガル語、テルグ語、マラヤーラム語、カンナダ語)等と合わせると、インドの映画産業(作品数、入場者数で)は全体で世界最大の規模を誇っています。

インド映画は、インドのみならず、他の南アジア諸国、中近東、アフリカの一部、東南アジアの一部、世界中の海外在住のインド人社会などでも人気の文化となっています。特に、イギリス、カナダ、オーストラリア、アメリカなどインド出身の移民が多い国々で人気があります。

Oscars 2009: Slumdog Millionaire Cast / greginhollywood

スラムドッグ$ミリオネア」(原題: Slumdog Millionaire)は、2008年のイギリス映画。インド人外交官のヴィカス・スワラップの小説「ぼくと1ルピーの神様」をダニー・ボイルが映画化し、第81回アカデミー賞(2009年)では作品賞を含む8部門を受賞しています。

ボリウッド女優は、なにかと「美人すぎる」「可愛いすぎる」などのフレーズが賑わう昨今ですが、国際的なミスコン・ウイナーがぞろぞろ揃ったボリウッド女優は「美人すぎが基本」、「スーパーモデル並のスリムな体型と高身長で当たり前」と言えるそうです(笑)インド映画が面白いですね(ナマステ! ボリウッド!!)

インドの映像製作会社プライム・フォーカスはハリウッド映画「スター・ウォーズ」の3D映像制作を受注しました。同シリーズの監督兼製作総指揮のジョージ・ルーカス氏がプライム・フォーカスの技術をテストしたそうです。

産業関係者によると、今回の受注で7-9億ルピーの利益が見込めるといいます。他にも「G.Iジョー」、「ナルニア国物語」、「タイタンの戦い」などのハリウッド映画の製作に携わっています。昨年は従業員を1,200人から3,500人に増やし、現在ニューヨーク、バンクーバー、ロンドンなどインド国外の事務所を設立中。インドの映画関連企業は、今後国際映画ビジネスも積極的に展開していくようです。

デジタルシネマや3DCG、VFXなど、映像制作のすべてがデジタルとなり、IT産業と親和性が高く「デジタルコンテンツ産業」としてインドは急成長しそうですね(^^)

Notion Ink Adam at CES 2011

Notion Ink Adam

米国ラスベガスで開催している世界最大の家電見本市(2011 International CES)に、インドのベンチャー企業 Notion Ink も出展しています。「SlashGear」や「Engadget」のレビュー記事があります。また、同社のCEO Rohan Shravan(ローハン)もCES会場でインタビューされています。

Notion Ink Adam Right

Notion Ink Adam の Pixel Qi 液晶と高性能なプロトタイプモデルが、iPadキラーとして世界中で話題となったのが、一年前の CES2010 でした。しかも、インドの名前も知らない平均年齢24歳のベンチャー(MBAの一人を除き、すべてインド工科大学出身という7人の俊英によって2008年7月に創業)ということで、インディアン・ドリームとしても注目されました。

Notion Ink Adam Left

「SlashGear」や「Engadget」のレビュー記事では、NVIDIA’s Tegra 2 や 拡張性、Eden UI など良い評価を得ています。
発表から一年間が経過して、タブレットPC市場には多くの機種が出荷されています。さらにライバル機種も増えます。ハードやソフト、コンテンツ市場の拡大、Android OS のバージョンなどの進化を期待しています(^^)