美術と科学と歴史

FH030016
The Isabella Stewart Gardner Museum

イザベラ・スチュワート・ガードナー美術館は、建物、設備、コレクションのすべてが一個人が所有し創設、1903年1月1日の夜にオープンしました。
通常の美術館と違い、建物が15世紀のベネチアスタイルの宮殿で、絵画、彫刻、家具、織物、陶芸、版画、図面、原稿、希少本、宝石など、2,500作品のすべてがコレクションになっています。

美術館に入ると、タイムスリップして中世の宮殿にいるような感覚になります(^^)

創設者のイザベラ・スチュワート・ガードナー(Isabella Stewart Gardner)にちなんで、名前がイザベラという女性は美術館への入場が無料で、不定期に開催される特別なイベントに招待されることがあるそうです。魅惑的な中庭の芸術的なディスプレイも当時のまま、これからも時間を止めた空間として永遠に・・・。

FH010016
Museum of Science

ボストンの科学博物館については、時間がなかったのか明確な記憶が残っていません(^^)
内部は天井が高く飛行機が数多く吊るされて、シアター、プラネタリウムや体験型の物理実験はありました。

広くて諦めた!(笑)ざっとしか見ていないのか「あいまい」です。

Webで見ると600以上の体験・参加型の展示があり、充実しています。

FH010010
Boston Tea Party Ships & Museum

コンピュータ博物館の正面に「ボストン茶会事件」博物館がありました。
1773年、アメリカ独立戦争に発展した象徴的騒動で、イギリス東インド会社の船荷の紅茶箱をボストン湾に投棄した事件。

「歴史・文化」と「美術・芸術」と「科学・研究」が融合した都市「ボストン」。

何かを創造するには、理系、文系などの区分けなど意味がないと思いませんか(^^)

セカンドライフの楽しみ方

2007年7月18日深夜、セカンドライフの「FM東京」で無料ヘッドホーンをもらい、さらに「セシール」に行って無料のスーツをもらいました。

「セシール」では、舞台に上がってモデルになろうと(リンデンドルがもらえる)、順番待ちしたのですが疲れて帰って来ました。

収入を得るバイトも楽ではありません!

*手前で黒いスーツ姿のアバターが私です(^-^)。