良いアイデアはどこで生まれる?(Steven Johnson)

「ひらめいた!」と感じる瞬間にアイデアが生まれると思われがちです。スティーブ ジョンソンは、歴史はまた別の事実を示していると紹介しています。
ロンドンのコーヒー店に見られる「流動的ネットワーク」の話から、チャールズ ダーウィンにまつわる長期にわたるゆっくりとした予感の話、さらにはGPSの誕生など、人や物が相互に連携して、アイデアが素早く広まるようになった今の世の中についても語っています。

Where Good Ideas Come From
Steven Johnson さんの著作「Where Good Ideas Come from? The Natural History of Innovation」では、過去数世紀のイノベーションや発明を検証して、どのような環境の下で発明がなされたかを考察し、それらの環境を4つのグループに大別、
(1)市場外での個人発明
(2)いくつかの企業が競合した市場での発明
(3)科学者や趣味で発明をしている発明家たちが、アイデアを自由に交換してできた発明
(4)オープンソースまたは学術的環境の下で、共同作業でアイデアが積み上げられた結果できた発明
——-第4のカテゴリーの発明が勢いを増しているとしています。

特許庁の統計では、発明が生まれる場所は集中しており、アメリカでは、東海岸(ニューヨークとボストン)と、南部のテキサス・オースチンと西海岸のシリコンバレーが3つの重要な発明拠点です。一方日本では、圧倒的に東京近辺で、ついで京都・大阪の関西となっています。

オープン環境と雑談する環境、文化的な刺激などが重要なことが解ります。

パトリシア・クール 「赤ちゃんは語学の天才」

Patricia Kuhl: The linguistic genius of babies
Patricia Kuhl: The linguistic genius of babies

TEDxRainier でパトリシア・クール(Patricia Kuhl)が、赤ちゃんは多くの言語の中から1つの言語をいかに学ぶのかということに関する驚くべき発見を紹介しています。

赤ちゃんは周りの人が話すのを聞いて、理解すべき音の「統計を取って」いるのです。素晴らしいですね(^^)

巧妙な実験(と脳のスキャン)を通して、生後6ヶ月の赤ちゃんが世界を理解するために洗練された推論を行うことが示されています。

赤ちゃんは天才!面白いですね(^^)

TED(てど、英: Technology Entertainment Design)のスローガンは、ideas worth spreading (広める価値のあるアイデア)です。TEDトーク(TED Talks)は2006年にスタートし、ネットを通じて行なわれている動画の無料配信プロジェクトです。
それまで比較的無名だったTEDの名を広めました。