文化産業を21世紀のリーディング産業に

NY Grand Central Terminal

経済産業省は、成長戦略基本方針を踏まえた日本産業の今後の在り方を示す「産業構造ビジョン」を策定するために、産業構造審議会産業競争力部会を設置。4月5日に第3回会合を開催しています。

ここで、日本の産業競争力の命運を左右しそうな「文化産業」大国に向けて ー文化産業を21世紀のリーディング産業にー が議題となっています。資料は50ページですが、一読することをお薦めします。

産業競争力部会(経済産業省)

「文化産業」大国に向けて(資料4)(PDF形式:3,056KB)

特にこの「文化産業の発展」は国家戦略が最重要で、複数の省庁権限をまたぎ、旧来の法制度や縦割り行政、組織体、コンテンツ政策と政策実行体制では容易ではないことは明らかです。ぜひ「未来の日本をイメージ」しながら議論を!

「文化産業の発展」は、言わば21世紀の日本が産業構造や組織・制度、国際競争力を21世紀型に最適化して持続的に成長できるかどうかが試される成長戦略のように思います。

4月5日のリバティさんの「ニューヨークの遊び方」ブログに、「文化産業を21世紀のリーディング産業に!」ついに日本政府の成長戦略が登場?!しかも、文化産業ですよっ!!! 本当に?! ということで、やさしく海外の視点を交えての記事が掲載されています。必見です(^^)

How We Decide(我々の意思決定の仕組み)

NewYork Central Park

最近、特に日本の政治や経済面、そして企業内でも「決断力」「優柔不断」「実行力不足」「決定の遅れ」「問題の先送り」など、人の意思決定や判断について関心が集まっています(^^)

ニューヨーク在住のLiberty(リバティ)さんのブログ「NYの遊び方」に興味深い記事がありました(^^)以下一部引用です。

>>人間が何かを決めるときって、理論的な分析とか合理性に基づく判断とか、いろいろ理性が大事なように思いがちですけど、実は最終的に『決断』するのは「感情」の機能なんです。

サービス業における「お役所的な対応」の問題とか、GoogleほかIT企業のオフィスが「感性」を刺激し、育む遊びの要素が多くなってることの科学的な説明にも、たぶん、つながってくるのでしょうね・・・。<<

最近目立つのが「脳コーナー」ということですが、日本とは趣が違います。
“How We Decide”(我々の意思決定の仕組み)という本が紹介され、これまでの常識をくつがえす内容満載!らしく必見、面白いですよ(^^)

ニューヨークもそろそろ桜の季節でしょうか。桜のトンネル写真、いいですね(^^)