CompuServe (CIS)

FH030024
November 1990, CompuServe Inc.

1990年当時のコンピューサーブの事業内容は、

  1. ビジネスサービス(VANは業界3位)
  2. パソコン通信サービス(CIS)世界最大
  3. 自社ソフトウェア開発と販売

コンピューサーブの契約会員数は625,000人(世界最大)。パソコン通信サービスは1,500項目にもおよび、特に電子メールサービスは充実していて、テレックス、MCIメール、FAX、InfoPlex(企業内ネット)インターネット網(大学、研究所のネット)とのメールの送受、さらには電子メールから郵便にして配達できるサービスまでありました。

FH030021
CompuServe Inc.

インターネットが普及するまでは、テキストベースで遅いスピードでしたが、企業向けサービスの多様化や、コミュニケーションサービスの確立に果たした役割は大きなものがあります。

私たち個人は、このパソコン通信を通して海外を含めて地域を超え、時間を超えたコミュニケーションと、多彩なサービスを受ける素晴らしいメディアを体験できるようになりました。

「デジタル」「インタラクティブ」「パーソナル」のメディア三原則を実感した最初のメディアでした。

いま、ここは閉鎖されているようです。

コロンバスへ

フィラデルフィアからオハイオ州コロンバスまで飛行機で移動しました。いまは便利な時代(^^)、ネットでルートや地図を簡単に検索できますよね(^^)


より大きな地図で コロンバス, OH までのルート を表示

FH000011
郊外のホテル

コロンバスのホテルの名前が思い出せません(^^)郊外のホテルで、窓から遠くにダウンタウンのビル街が見えました(^^)

ここに来た目的は、当時、世界最大のパソコン通信サービス CompuServe(コンピューサーブ)があり、その本社を訪問することでした。

いくつもの通信衛星用の大型パラボラアンテナが設置されていましたね(^^)

コロンバスには、1990年当時で人口63万人、オハイオ州立大学があります。世界最大と言われた化学・科学研究の有名なデータベース CAS もありました。