DECの栄光と足跡

ボストンのホテルから車で約一時間、メイナード(紡績工場)にあるレンガ造りのDEC本社に到着。リムジンに乗ったのは生まれて初めてでした。

当時の第五世代コンピュータ(通商産業省=現経済産業省が1982年に立ち上げた国家プロジェクト)はもちろん、世界中のエキスパートシステムには、DECのVAXコンピュータが必須の状況でした。
工場内のクロックタワーには日本人の名刺が多数貼ってありました。通信衛星を駆使した、一企業としては世界最大のネットワーク(DECnet)を、ここのネットワークセンターで、24時間トラフィックを監視していたのには驚きました。

リムジン
リムジンに乗った!

リムジンの中で写真?、暗くて...(笑い)

DECの全盛時代でしたが、「ネットワークを電気のコンセントのように普及させたい。」との思想は、ネットワークの標準化を促進し、未来を確実に捉えていました。
 

 


DEC 本社のロビー

DECのOS「VMS」開発チームが、MicroSoftの「WindowsNT」の開発を担当したことから名前が「WNT」となったと、どこかで聞きました(^^)

VMSの次のOSと意味でアルファベットを並べると、V > W, M > N, S > T になります。

Google Maps の写真やストリートビューでマサチューセッツ州メイナードのレンガ工場群を見ていると、もう一度行きたくなります。

DEC本社を訪問した時の写真です。
早稲田大学に留学していた美人の女性に案内と説明を受けました。DECの社内は撮影禁止です(^^)

Digital Equipment Corporation (DEC)

FH000026
DEC PDP-8

DECを一躍一流企業にした1965年に登場したベストセラー/ミニコンピュータ(PDP−8)です。

DECは、1957年にKen Olsen(ケン・オルセン)ら三人で、マサチューセッツ州メイナードに広がった工場(紡績工場)群の一隅に小さなモジュールメーカとして誕生しています。
オルセン氏は、機械工場で働き始めたのが技術者としての始まりで、ラジオの修理などを行い、近所で発明家として評判になっています。
1950年に MIT で電気工学の学士号と修士号(1952年)を取得しています。

レンガ造りの工場群を本社としていたDECには、当時の最先端VAXシリーズや、エキスパートシステムナレッジエンジニアの研修のため、世界中から人が集まっていました。

FH010007
DEC本社の片隅

1990年の訪問時には、超優良企業として世界第2位の売上、世界一の利益率、12万5千人の社員と58,000台のコンピュータネットワークを有するDECでした。

DEC本社では、社長室が正面玄関の脇(創業時の小部屋)にあり、訪問した時、通訳さん(社員全員)も社長を親しみをこめてケン(Ken Olsen)と呼んでいました(^^)

地面の高さと階数が異なる工場棟を渡り廊下でつないでいるため、何階にいるのかすぐ分かるように、一階は茶色、二階は赤・・・五階は緑、カラーコードが全ての棟に塗装されていました。

ハードウェア製作の会社、技術者らしい発想でしたね(^^)