Digital Equipment Corporation (DEC)

FH000026
DEC PDP-8

DECを一躍一流企業にした1965年に登場したベストセラー/ミニコンピュータ(PDP−8)です。

DECは、1957年にKen Olsen(ケン・オルセン)ら三人で、マサチューセッツ州メイナードに広がった工場(紡績工場)群の一隅に小さなモジュールメーカとして誕生しています。
オルセン氏は、機械工場で働き始めたのが技術者としての始まりで、ラジオの修理などを行い、近所で発明家として評判になっています。
1950年に MIT で電気工学の学士号と修士号(1952年)を取得しています。

レンガ造りの工場群を本社としていたDECには、当時の最先端VAXシリーズや、エキスパートシステムナレッジエンジニアの研修のため、世界中から人が集まっていました。

FH010007
DEC本社の片隅

1990年の訪問時には、超優良企業として世界第2位の売上、世界一の利益率、12万5千人の社員と58,000台のコンピュータネットワークを有するDECでした。

DEC本社では、社長室が正面玄関の脇(創業時の小部屋)にあり、訪問した時、通訳さん(社員全員)も社長を親しみをこめてケン(Ken Olsen)と呼んでいました(^^)

地面の高さと階数が異なる工場棟を渡り廊下でつないでいるため、何階にいるのかすぐ分かるように、一階は茶色、二階は赤・・・五階は緑、カラーコードが全ての棟に塗装されていました。

ハードウェア製作の会社、技術者らしい発想でしたね(^^)

デジタル最前線(石井 裕: タンジブル)

FH0300150
Media Lab Entrance

写真はメディアラボのエントランス、開放的な明るいオリジナルカラーデザインが印象的でした。

石井 裕(1956年2月 – )氏は、コンピュータ研究者・工学者、専門は情報工学です。東京都生まれ札幌育ち。新聞社のエンジニアであった父親の影響で、幼時からコンピュータに興味を持ち札幌南高等学校、北海道大学工学部電子工学科卒業。同大学大学院情報工学専攻修士課程を修了しています。

タンジブル・ユーザ・インターフェース(デジタル情報を有形化して直接操作を可能とするユーザインタフェース)の研究が認められ、2001年にテニュア(終身在職権)を取得。2006年には ACM SIGCHI から CHI Academy を受賞しています。

石井 裕 (2012年ボストン)/ Wikipedia
石井 裕(2012年ボストンにて)/ Wikipedia

米国マサチューセッツ工科大学教授。タンジブル・ビット研究の創始者で、MITメディアラボの副所長です。

朝日新聞グローブ(GLOBE)MediaWatch の第8回に、石井 裕氏の「タンジブル・メディア・グループ」が紹介されてます。

石井 裕:マサチューセッツ工科大学メディアラボ教授:新しいインターフェイスによる未来のコンピュータの開発に挑む。YouTube動画がありました(^^)


もうすぐ25周年、新しいメディアラボの研究棟が完成するようです。