アイヌ語トランプ(Aynu language playing cards)

Aynu language playing cards / ことのは(及川久美子)

アイヌ語トランプは北海道の苫小牧市弥生町に住む及川久美子さんが、アイヌ語を広く知ってもらおうと訪日外国人向けに作成しました。

このトランプは、アイヌ文化の伝承者として知られる平取町二風谷に住む山道康子(アイヌ名:アシリ・レラ)さんの協力を得て、約半年間かけて完成させました。

アイヌ文化に関心を持ち、長年、アイヌ語に触れてきた及川さんは、「道内の地名の大半はアイヌ語に由来している。北海道が誇れる文化だが、消滅の危機にある」と話します。

アイヌ語トランプは、カードの上半分にさまざまなアイヌ語を記載。発音をカタカナとローマ字で表記し、その下に日本語と英語で語句の意味を記しています。54枚すべて違う単語で構成しています。

アイヌ語トランプは1,000円。白老のアイヌ民族博物館や苫小牧西港フェリーターミナルの土産店「メモリア」など、北海道内約20カ所で購入できます。

また、北海道デザインのアンテナショップ「MUSEUM STORE」や Amazonでも購入できます。
Amazonでは制作「ことのは」で、英訳付き「ことわざかるた」とともに出品しています。

Aynu language playing cards / ことのは(及川久美子)

アイヌ民謡のわらべうた:ピリカ ピリカ(Pirka Pirka)


Tradition for the future – Coexistence without dependence(TEDx)

Tradition for the future - Coexistence without dependence | ToyToy (Motoi Ogawa) | TEDxSapporo
Tradition for the future – Coexistence without dependence | ToyToy (Motoi Ogawa) | TEDxSapporo

小川 基(Motoi Ogawa)さん、1972年生まれ、アイヌ文化継承者、アイヌ文様デザイナーです。アイヌ文化に囲まれた環境で育ち、幼少期から切り絵を作り出しています。

7月19日に開催した TEDxSapporoでは、アイヌの伝統楽器ムックリトンコリの演奏と歌で始まります。
自らの生い立ちを語り、アイヌ民族として生きる葛藤を経て、いま「未来へ向けた伝統」と「依存のない共存」を力強く語っています。

日本の伝統文化である和紙や千代紙で「和とアイヌ文化を融合させた切り絵作品」を生み出し、アイム文様のデザインプロダクト mina an ikor(ミナ アン イコル)では、可愛いアイヌ文様ストールやクロスパーカー、サンドブラストグラスなど新しい商品開発を進めています。

アイヌ文様のグラスとペンダント
アイヌ文様のグラスとペンダント / Facebook

12月16日、mina an ikor(ミナ アン イコル)プロジェクトが、同ブランドのストールの第2弾となる新デザインストールを ram-inkare」展で発表しました。今年の4月に第1弾デザインを発表しています。

今回の展示販売会テーマは~心で見る~です。
冬の札幌の風物詩ホワイトイルミネーション&ミュンヘンクリスマス市を楽しんでXmasギフトを探しに行ってみてはいかがでしょうか。

「ram-inkare」~ラミンカレ~展
会場 大通りビッセ2F YUIQ
日時 12/16(水)~12/23(水)11:00~20:00