心に残る名曲 Mia & Sebastian’s Theme (Late For The Date)

ミュージカル映画ラ・ラ・ランド(La La Land)では、心にのこるピアノ曲やジャズなど素晴らしい音楽が流れます。映画音楽(Google検索)で検索すると、数々の名作映画が並びます。この映画ラ・ラ・ランドも心に残る名作映画音楽に数えられるように思います。

Ryan Gosling and Emma Stone in La La Land (2016) / IMDb

映画ラ・ラ・ランドで、一番私の心に残ったのは、ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz)さんが作曲した二人のテーマ曲 Mia & Sebastian’s Theme (Late For The Date)です。このピアノ曲が流れると二人のシーンやラストシーンが蘇ります。あなたはどの曲がお気に入りでしょうか?

いまを映す第89回アカデミー賞の受賞作品たち

Meryl Streep at an event for The 89th Annual Academy Awards (2017) / IMDb

2月26日、第89回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われ、作品賞発表時に間違った作品名が読み上げられるという大波乱の展開で幕を閉じました。

授賞式では、司会者のジミー・キンメル(Jimmy Kimmel)さんが、「昨年は人種差別主義者(主要な受賞候補者が白人に偏り)とされた」と述べた上で、今年はトランプ氏が批判の的となっているとして「トランプ氏に感謝したい」と皮肉っています。

冒頭からキンメルさんのジョークが炸裂、会場にいるマット・デイモンとの壮絶なバトルや、AmazonのCEO ジェフ・ベゾス氏に関するジョークで笑いを取っています。

そして、トランプ氏から「ハリウッドで最も過大評価された女優の一人」とされたメリル・ストリープさんに対して、「みなさん、私と一緒に“受けるに値しない拍手“を送りましょう。ちなみにそのドレスいいね、イヴァンカの?」と、ジョークが冴えていました(YouTube)

LGBT映画として史上初の「作品賞」を受賞した「ムーンライト」、Amazon Studios(アマゾン・スタジオ)が配給した二作「マンチェスター・バイ・ザ・シー」のケイシー・アフレック(Casey Affleck)が主演男優賞を受賞、そして、トランプ大統領の入国禁止令に抗議して授賞式を欠席したアスガル・ファルハーディー氏が脚本・監督したイラン映画「セールスマン」が外国語映画賞を受賞しています。多様性を理念とする「いまを映す第89回アカデミー賞の受賞作品」のように思います。


バンコク在住ゲイのひとりごと(チキンゴリラさん)に、映画三作品の感想記事(ネタバレ)があります(^^)