話題のミュージカル映画ラ・ラ・ランド(La La Land)

Ryan Gosling and Emma Stone in La La Land (2016) / IMDb

映画ラ・ラ・ランド(La La Land)は、2016年12月に米国で公開されたミュージカル映画です。脚本、監督は注目のデミアン・チャゼル、主演はライアン・ゴズリングエマ・ストーンが務めます。第73回ヴェネツィア国際映画祭のオープニング作品として上映されました。

この映画、ゴールデン・グローブ賞歴代最多の7部門受賞。そして、アカデミー賞史上最多の作品賞ほか14ノミネートされている話題作です。2月12日に開催された第70回英国アカデミー賞では、「ラ・ラ・ランド」が作品賞、エマ・ストーンが主演女優賞など最多5冠を果たしました。

オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをします。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人でしたが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていきます。売れない女優とジャズピアニストの恋を、ゴージャスでロマンチックな歌とダンスで描いています。

1月27日にデイミアン・チャゼル監督と主演のライアン・ゴズリングが来日しました。
ジャパンプレミアでデイミアン監督は、「エマがブロードウェイでミュージカルをやっている時に出会い、今回ライアンとエマという素晴らしい二人をュージカルで共演させることができてすごく嬉しかった。エマのおかげで、普段ミュージカルを観ない人にも観てもらえるような作品になった」 また、「黒澤明監督作品や溝口健二監督作品など、日本の素晴らしい映画監督たちからいろんなことを教わりました。そんな日本で自分の作品を紹介出来ることを大変嬉しく思っています」と、語っています。

レオナルド・ディカプリオの全出演作品の演技を振り返って

Leonardo DiCaprio, Actor and UN Messenger of Peace, addresses the opening of the Climate Summit 2014. / UN Photo/Cia Pak
Leonardo DiCaprio, Actor and UN Messenger of Peace, addresses the opening of the Climate Summit 2014. / UN Photo/Cia Pak

レオナルド・ディカプリオ(Leonardo DiCaprio)氏は、「ギルバート・グレイプ」(1993年)、「アビエイター」(2004年)、「ブラッド・ダイヤモンド」(2006年)、「ザ・ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」(2013年)の過去計4回のオスカー・ノミネートで、いずれも敗退。長年アカデミー賞を獲ってないことをネタにされて来ました。
1997年公開の「タイタニック」のイメージが強く、全出演作品を観ると不思議な感じがします。

2016年は、映画「レヴェナント:蘇りし者」で第88回アカデミー賞主演男優賞にノミネートされ、今度こそ間違いないと言われています。(2/29追記: 初の主演男優賞を受賞しました)

俳優以外の活動で広く知られているのがエコロジー関連の活動です。2014年9月にはディカプリオ基金(1998年設立)などを通じて「環境問題に長年取り組んでいる」として、気候変動問題を担当する国連ピース・メッセンジャーUnited Nations Messengers of Peace)に任命されています。
2015年に世界中の環境保護団体に総額で1,500万ドル(約17億円)を寄付することを発表しています。

2016年1月28日、ディカプリオ氏はバチカン市国にてローマ法王に謁見、どのようにして気候変動に取り組むべきかについて話し合いました。ローマ法王にディカプリオ財団の小切手を渡し、法王が関心を寄せる慈善活動のために使って欲しいと伝えています。また、今年の世界経済フォーラムでは、ビジネスリーダーたちに地球温暖化についてさらに取り組むように呼び掛け、環境活動でクリスタル賞を受賞しています。