新しい圧縮アルゴリズムのJPEGエンコーダー(Google: Guetzli)

Googleが新しい圧縮アルゴリズムを採用する JPEGエンコーダー Guetzli(グェツリ)を発表しました。Googleは通常の圧縮処理に比べ、画質を保ったまま35%小さい JPEG画像を生成できるとしています。

画像比較は、左から順に無圧縮オリジナル、libjpeg、Guetzliの順番です。

Figure 2. 20×24 pixel zoomed areas from a picture of a cat’s eye. Uncompressed original on the left. Guetzli (on the right) shows less ringing artefacts than libjpeg (middle) without requiring a larger file size. / Google

JPEG画像の品質は、色空間変換離散コサイン変換、量子化(Quantization)といった多段圧縮プロセスと密接に関わっています。Guetzliエンコーダーは、量子化の段階で、従来なら良質な状態が保てなくなるほど小さなファイルサイズをターゲットとし、従来の心理視覚モデルと Guetzli独自の心理視覚モデルの差を吸収するための検索アルゴリズムを使用することで、画質とファイルサイズのバランスをとっています。

こちらの画像比較では、左から順に オリジナル、Guetzli、libjpegの順番です。

Figure 1: Visualization of two details in an image, original in the left column,Guetzli in the middle, libjpeg on the right. Libjpeg shows more ringingartifacts than Guetzli.(pdf)

Googleが実施した人間のテスターによる評価では Guetzliを使って作り出した画像のほうが生成に時間はかかるものの、より好印象だったようです。Googleでは「これだけの画質なら圧縮時間を待つだけの価値がある」としています。また、Guetzliの心理視覚的アプローチがモバイルユーザーのためのロード時間と帯域幅コストを低減させ、画像の多いサイトがスムーズとなることを期待するとしています。

JPEGの圧縮率向上には Mozillaも取り組んでおり、高画質かつ圧縮効率の高いエンコーダー「mozjpeg」を開発しています。

ランサムウェア Android.Lockdroid が日本に上陸

欧米各国と日本を狙う Android.Lockdroid の最近の亜種 / Symantec
欧米各国と日本を狙う Android.Lockdroid の最近の亜種 / Symantec

ランサムウェア Android.Lockdroid が、アジア進出を狙って、まず日本に上陸しました。Android.Lockdroid は、システムアップデートなどに偽装し、デバイスをロックして使用不能にします。

シマンテック公式ブログが「最初の標的として、日本が狙われました。Android.Lockdroid によるこの攻撃活動は、システムアップデートに偽装して3月11日に始まりました。
日本語設定のデバイスにインストールされたことを確認すると、身代金要求のメッセージを日本語で表示します。
これは、欧米のユーザーを狙っていたモバイルランサムウェアが、アジア言語でも登場した初めてのケースです」と注意を喚起しています。

ネットワークビギナーのための「情報セキュリティハンドブック」 / 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)2016/02/02発行
ネットワークビギナーのための「情報セキュリティハンドブック」 / 内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)2016/02/02発行

内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では、攻撃者が使う武器「マルウェア」や、セキュリティ関連の定義など、ネットワークビギナーのための「情報セキュリティハンドブック」を刊行しています。挿絵が多くて分かりやすくなっています。

また、中高校生を対象とした意識啓発マンガをASEAN加盟国10か国と協力して作成・公開(2016/2/10)しています。気を付けたい4事例に絞って、マンガで解説しています。

LONDON 2012: CYBER SECURITYSHARING OUR EXPERIENCES(日本語版)
LONDON 2012: CYBER SECURITYSHARING OUR EXPERIENCES(日本語版)

2014年2月19日に開催された 「IPAサイバーセキュリティシンポジウム2014」において、 2012年ロンドンオリンピックにおける情報保全と、サイバーセキュリティの最高責任者であるオリバー・ホーア氏の講演を本人の了承を得て翻訳し、構成を行った冊子(pdf)があります。

2012年ロンドン大会は「史上初のデジタル大会」として、かってない規模での放送やネットワークが構成されました。
発生した事案では、23億5,000万件のセキュリティ・システム・メッセージが記録され(北京大会では120億件のセキュリティ事案が発生)、2億件の悪意のある接続要求をブロック。1つのDDoS攻撃につき、1秒あたり11,000件の接続要求があったなどが報告されています。ネットワークやセキュリティ体制、教訓など興味深い内容です。

2020年東京大会では、より広範囲を対象としたサイバー攻撃やセキュリティ事案の発生が予想されています。読まれていない方は一読をお勧めいたします。