Amazon Robotics Challenge 2017は ARCV(オーストラリア)が制す

名古屋開催の 2017年アマゾン・ロボティクス・チャレンジ(Amazon Robotics Challenge 2017)で、オーストラリア・ロボティック・ビジョン・センター(ARCV)が上位8チームの決勝(7/30日)を制して8万ドル(約880万円)を獲得しました。

ARCVは、オーストラリアの4大学が参画している研究拠点 Australian Centre for Robotic Vision の研究者と学生達で結成するチームです。2016年の商品仕分けロボットコンテスト(Amazon Picking Challenge 2016)では6位でした。

The Australian Centre for Robotic Vision (ACRV) Team / Facebook

優勝した ARCVは、いま主流のアームロボット型ではなく、2万4千ドル(約264万円)という安価なカスタムロボット(Cartman)を設計製作。画像認識と機械学習のオリジナル方式を開発して、雑然とした環境下でもピック&プレイスのタスクがこなせるとしています。

Results: ROBOTICS CHALLENGE JULY 27-30, 2017

世界各国から16チーム(下記)が参加しました。2位はドイツのボン大学、3位はシンガポールの南洋理工大学。日本勢では初参加の NAIST-Panasonicが6位でした。世界の大学ロボットコンテストのようになってますね(^^)

  • MC^2: 三菱電機、中部大学、中京大学
  • NAIST-Panasonic: 奈良先端科学技術大学院大学、パナソニック
  • Team T2: 鳥取大学、東芝
  • Team K: 東京大学
  • MIT-Princeton: マサチューセッツ工科大学、プリンストン大学
  • Team Duke: デューク大学
  • PLAID: カーネギーメロン大学
  • GMU-Negev: ジョージメイソン大学、ネゲヴ・ベン=グリオン大学
  • ACRV: クイーンズランド工科大学
  • IITK-TCS: インド工科大学カーンプル校、タタ・コンサルタンシーサービシズ
  • TKU M-Bot: 淡江大学
  • Nanyang: 南洋理工大学
  • NimbRo Picking: ボン大学
  • UJI RobInLab: ジャウメ1世大学
  • Applied Robotics: スマートロボティクス、シドニー大学
  • IFL PiRo: カールスルーエ工科大学、ヘルムートシュミット大学

メインクーン(Maine Coon)の猫オマールは世界最長か

Omar the Maine Coon / Stephanie Hirst

メインクーン(Maine Coon)は、イエネコの中でも大きな品種のひとつであり、長毛種でジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られています。

オーストラリアのメルボルンに住んでいる、猫のオマール(Omar)3歳は、2013年に飼い主のステフィー・ハースト(Stephanie Hirst)さんにもらわれた時、他の兄弟子猫たちと同じ大きさだったそうです。しかし、いまや体重14kg、体長は 120cmにも成長しました。

巨大猫のオマールがネットで有名になると、ギネス・ワールドレコーズがオマールのサイズを送ってくるようハーストさんに連絡してきたそうです。現在の記録保持者は、英北部ウェストヨークシャーのウェイクフィールドで暮らす、体長118cmのメインクーンです。

普段は穏やかなオマールはネットで有名になって以来、オーストラリアの大手新聞や全国ネットのテレビ番組、そして世界中のメディアにも登場しています。飼い主のハーストさんは、ギネス世界記録よりも「猫のオマールは、もともとののんびりした生活に戻りたいだろう」と気遣っています。

ハーストさんは、「オマールは、トランポリンで昼寝して、カンガルーの肉をまた食べて、夜私たちの安眠を妨害する生活に戻るのを、ただ楽しみにしているんです」「普通の飼い猫に戻れることの方がうれしいと思う」と述べています。