画期的なルーク・アームと安価な3Dプリンティング義手

Veterans Receive DARPA’s LUKE Arm

6月30日、ニューヨークの退役軍人病院で近未来的な義肢の実演会が行われました。

ルーク・アーム(LUKE Arm)は、映画「スター・ウォーズ」のルーク・スカイウォーカーが装着した義手サイバネティクス)に因んでいます。

2016年5月にワシントンで初披露されたルーク・アームは、卵のように壊れやすいものからブドウ一粒大の小さなものまでつかむことができ、ねじ回しを扱うこともできます。

国防高等研究計画局(DARPA)と共にルーク・アームの開発に携わってきた米企業は、価格は10万ドル(約1,100万円)前後になるだろうとの見方を示しています。実演会に参加した、40年前に左腕を失った退役軍人のフレッド・ダウンズさん(72)は、物を持ち上げることができたときに涙をこらえたのを覚えていると語っています。

Enabling The Future / e-NABLE

一方の3Dプリンティング義手(写真)では、公式サイト(Enabling The Future)で、誰でも手軽に製作できる義手の作り方や、さまざまなタイプのデザイン(CADデータを含め)などの情報を公開しています。病気や事故などで手や腕を失った子ども達のために、基本的な知識と機材があれば、3Dプリンティングを使って義手を安価に製作できます。

子どもの成長に合わせたオリジナルの義手が製作できて、なおかつ単純な材料費では僅か20~50ドル(3〜6,000円)で作れるようにしています。ニューヨークのりばてぃさんが記事にしています。

DARPAのルーク・アームは最先端テクノロジーによる開発。一方の3Dプリンティング義手は、オープンデータによって安価にしたイノベーション。共通するのは「人に優しいテクノロジー」「障害者の自立」を追求しています。人を笑顔に前向きにする素晴らしいイノベーションです。

人間に新たな感覚を作り出すことは可能か?(TED: David Eagleman)

David Eagleman: Can we create new senses for humans?
David Eagleman: Can we create new senses for humans?

人間が感じ取れる光は全体の10兆分の1たらず。我々の経験する現実は、生物としての肉体に制約されているのだと神経科学者デイヴィッド・イーグルマン(David Eagleman)は言います。

そして彼はそれを変えたいと考えています。

人の脳を研究する中から彼は「感覚チョッキ」のような新しいインタフェースを作り出し、身の回りの世界の今まで見えなかった情報を感じ取れるようにしています。

イーグルマン氏は「実のところ脳はどのようなデータを取り込めるのか理論的な限界を私たちは知りません。しかし一般論として、ものすごく柔軟だとは言えます。人が視覚を失うと、視覚中枢が他のものに引き継がれることになります。触覚や聴覚や言葉によって。

それから分かるのは、皮質は単機能で、単にある種の計算を行うということです。たとえば点字のようなものに目を向けると、指で感じるでこぼこから情報を受け取っているのです。理論的な限界があると信ずべき理由はないと思います」と述べています。
感覚代行だけではなく、人間の脳には限界はない、非常に興味深いですね(^^)