Googleの新発想 AIカメラと40か国翻訳の AIイヤホンに注目

A new angle on your favorite moments with Google Clips / blog.Google

10月5日、Googleのイベント「Made by Google 2017」で、AI(人工知能)をキーワードにした新発想の製品が発表されています。

AIを活用して、単眼カメラでポートレートモード(背景がボケた人物写真)を実現する新スマホ「Pixel 2 / XL」、2in1ノートの「Pixelbook」、自動で決定的瞬間のシャッターを切ってくれるAIカメラマン内蔵の小型カメラ「Google Clips」、40か国語の同時リアルタイム翻訳の無線イヤホン「Google Pixel Buds」などです。(YouTube参照)

特に注目したのは AIカメラ(Google Clips)と、40か国翻訳 AIイヤホン(Google Pixel Buds)です。これは Googleの「AIファーストの世界へ移行」を具現化した新しい楽しい製品ですね(^^)

Googleの「自律検索エンジン」や「自律走行車」などもそうですが、ユーザーの意図や煩わしさを理解して「あらゆる場面を支援」する新発想の製品群として注目されます。AIの小型カメラ「Google Clips」は「名カメラマン」か「迷カメラマン」なのか気になるところです(^^)

The Verge(YouTube)が AI小型カメラ(Google Clips)(6分42秒)と リアルタイムに翻訳してくれる AIイヤホン Google Pixel Buds(3分43秒)を分かりやすく説明(連続再生)しています。AIイヤホンが Pixelシリーズのみの対応となっているのが少し残念ですが・・・。

日本版の Google Homeは10月6日(金)から、また、Google Home Miniは10月23日(月)より、Google Storeなどで購入できるようになります。Miniについては、10月6日から購入予約を受け付けているようです。

つながっていても孤独?(TED: Sherry Turkle)

Sherry Turkle: Connected, but alone?

シェリー・タークル(Sherry Turkle)さんは、1948年ニューヨークに生まれ、ハーバード大学を卒業。臨床心理学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術社会論の教授です。

シェリー・タークル教授の最新著作(2017年2月)に「一緒にいてもスマホ ―SNSとFTF―」があります。
急激に広まったスマートフォンは、いつどこででも連絡を取り合える日常を作り出しました。その反面、親子、友人、恋人同士の関係性にも大きな変化をもたらしつつあります。
家庭、学校、職場でいま起きている問題を豊富なインタビューで分析し、便利さと引き換えに失ったもの、またそれを取り戻す方法を提言する内容です。

一緒にいてもスマホ ―SNSとFTF― / シェリー・タークル、日暮雅通

下記のTED Talk「つながっていても孤独?」は、AI(人工知能)分野で第2位の人気トークになっています。

タークルさんは「つながっていても孤立するのはなぜでしょう? 孤立してしまうのは、孤独に耐える力や一人でいられる力を養わないからです。孤独の中で自分を見つけ、その上で他者に近づき真の関係が築かれます」 そして、「常に接続していることで孤独ではないと勘違いしてしまう。それは危険です。本当は正反対だからです。一人でいられなければ、より孤独になるからです。そして、子ども達に一人でいることを教えなければ、いつか孤独になってしまう」と述べています。

さらに「孤独はいいことだと考えてください。一人の時間を作りましょう。皆さんの子供たちにとても価値のあることだと教える方法を見つけましょう」と語っています。

AIやスマートフォンによって人間同士のつながりの定義が変わろうとしています。ネット依存症やスマホ依存症、そして「いじめ」とも関連する興味深い TED Talkです。