NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「 Cornell Tech 」

米ニューヨークのイーストリバーに浮かぶルーズベルト島に、NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「Cornell Tech」が、8月1日に一部オープンしました。すべての完成が2043年、その巨大ハイテク・キャンパスと、隣接した20世紀を代表する巨匠ルイス・カーンが最後に設計したフランクリン D ルーズベルト・フォー・フリーダム・パーク(Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park)を、ニューヨーク在住のりばてぃさんが特集記事として掲載しています。日本語メディアで、コーネル・テック内部の様子をお伝えするのは、たぶん、これが史上初、最速のレポートと述べています。興味深いですね(^^)

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

公園はルーズベルト大統領の「言論と表現の自由、礼拝の自由、欠乏からの自由と恐怖からの自由」の「四つの自由(1941年)」を表現しているそうです。りばてぃさんが「ニューヨークでは、都市再開発の際、まず素敵な公園づくりからはじめる傾向が極めて顕著。これは、コーネル・テックでも同様で、そのすぐ南側にどーんと公園作ってるんですよー。」と紹介しています。ニューヨークの公共政策として徹底されているようですが、創造力やクリエイティブを最重要視する21世紀においては、イノベーションと、テクノロジー、アート、クリエイティブは一体である必然を感じます。

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

NYC デジタルロードマップの進捗とイノベーション



IMD2017年世界競争力とデジタル競争力ランキング

IMD World Digital Competitiveness Ranking / IMD

2017年5月31日、スイスの国際経営開発研究所(IMD)は、主要63カ国・地域を対象にした2017年版「世界競争力ランキング」を発表しました。

同時に新しいレポートであるデジタル競争力ランキング(Digital Competitiveness Ranking)を発表しています。

2017年総合の首位は香港、2位はスイス、3位シンガポールとなり、米国は3位から4位に後退しています。オランダ、アイルランド、デンマーク、ルクセンブルグ、スウェーデン、UAEがトップ10に入っています。12位カナダ、13位ドイツ、14位台湾、15位はフィンランド(昨年20位)でした。
そして、中国が昨年25位から18位に躍進しています。

日本は昨年と同じ総合26位、14位の経済(Economic Performance)や、35位の政府(Government Efficiency)が若干改善していますが、民間(Business Efficiency)が35位(昨年29位)と大きく下げています。新しい成長戦略を作成しても競争力は長年停滞したままです。

日本のデジタル競争力ランキングは、63カ国中27位。首位はシンガポール、2位スウェーデン、3位は米国です。日本は、デジタル経済の推進を担うIT人材が41位、デジタル教育が31位、キャピタルが33位、デジタル分野規制は37位、デジタルで変化に即応できる力(Business agility)は、なんと57位です。デジタルやITを活用した改革が進まず、ビジネスチャンスにも即応できない日本の実態が反映されています。

OVERALL RANKING AND FACTORS / IMD