Googleデジタルワークショップのすすめ

デジタルマーケティング修了認定証を取得 / Google

Googleのデジタルワークショップは、検索の仕組みやソーシャルメディアの活用方法など、デジタルマーケティングの基礎を動画でわかりやすく学べます。
あなたのビジネスでインターネットを活用するヒントを見つけられます。最後まで無料で学習することができます。

WEBサイトや、ソーシャルメディアをはじめとするデジタルツールを活用している企業は、それらを活用していない企業に比べて、1人あたりの生産高が50%も高いことが Googleの調査(2016年)で明らかになっています。

少子高齢化が進む日本国民のITスキル向上は、生産性を向上させ、社会保障費を抑制します。いま、最初から学習しています(^^) 独学の思い込みなどもあるようです。試験では「おや?」と思うこともあって、楽しく学習しています(笑) 受講をお薦めします。

Googleデジタルワークショップでは各種デジタルツールを使いこなし、デジタルマーケティングの活用ができる人材の育成支援として、オンラインツールやセミナーを通じたトレーニングを企業や個人向けに提供しています。2020年までに 50万人に受講して頂くことを目指しています。

日本の開業率が他国と比べて非常に低い水準が続いているのがデータ(下図)から見えます。なぜでしょうか? 日本が「2017年デジタル競争力ランキングで 26位」と評価されるのも極めて妥当のように思います。

出典:経済産業省 中小企業白書 2014, 2001 – 2012 をもとに作成 / Google

イノベーションジャパンは、日本をもっと元気にするために Googleと自治体等が協力し、日本全国各地の中小企業のデジタル化を推進し情報発信を支援することで、地域経済を活性化し日本経済に貢献することを目指しています。

3 つのカテゴリで地域経済の活性化を目指す。/ innovationjapan.withgoogle.com

IMD2017年世界競争力とデジタル競争力ランキング

IMD World Digital Competitiveness Ranking / IMD

2017年5月31日、スイスの国際経営開発研究所(IMD)は、主要63カ国・地域を対象にした2017年版「世界競争力ランキング」を発表しました。

同時に新しいレポートであるデジタル競争力ランキング(Digital Competitiveness Ranking)を発表しています。

2017年総合の首位は香港、2位はスイス、3位シンガポールとなり、米国は3位から4位に後退しています。オランダ、アイルランド、デンマーク、ルクセンブルグ、スウェーデン、UAEがトップ10に入っています。12位カナダ、13位ドイツ、14位台湾、15位はフィンランド(昨年20位)でした。
そして、中国が昨年25位から18位に躍進しています。

日本は昨年と同じ総合26位、14位の経済(Economic Performance)や、35位の政府(Government Efficiency)が若干改善していますが、民間(Business Efficiency)が35位(昨年29位)と大きく下げています。新しい成長戦略を作成しても競争力は長年停滞したままです。

日本のデジタル競争力ランキングは、63カ国中27位。首位はシンガポール、2位スウェーデン、3位は米国です。日本は、デジタル経済の推進を担うIT人材が41位、デジタル教育が31位、キャピタルが33位、デジタル分野規制は37位、デジタルで変化に即応できる力(Business agility)は、なんと57位です。デジタルやITを活用した改革が進まず、ビジネスチャンスにも即応できない日本の実態が反映されています。

OVERALL RANKING AND FACTORS / IMD