ティム・バーナーズ=リー: 次のウェブ(TED2009: Tim Berners-Lee)

Tim Berners-Lee: The next web

ティモシー・バーナーズ=リー(Tim Berners-Lee, 1955年6月8日 – )氏は、イギリスの計算機科学者です。ロバート・カイリューとともに World Wide Web(WWW)を考案し、ハイパーテキストシステムを実装・開発しました。また、URL、HTTP、HTMLの最初の設計は彼によるものです。

欧州原子核研究機構(CERN)内の情報にアクセスするためのグローバル・ハイパーテキスト・プロジェクトを提案し、1990年12月にNEXTSTEP上で世界初のWebサーバである httpdと世界初のウェブブラウザ・HTMLエディタである WorldWideWebを構築します。1991年8月6日に世界最初のウェブサイト http://info.cern.ch/ が構築されています。日本最初のホームページの公開は、1992年9月30日です。

20年前にWWWを発明して、彼の次のプロジェクトは「ウェブが文字や画像、動画を対象に行ったように、私たちのデータを解放し、データの相互利用方法の再構成を意図とした、オープンでリンクするデータの為の新しいウェブの構築です」と述べています。

1989年当時リー氏の提案に対して、上司は実際見てくれた訳ですが、彼の死後見つかった資料には欄外に鉛筆で「よくわからないが興味深い」と書かれていたそうです(笑) そこで「実行するかしないか」の決断はどの時代も同じですね。

SpaceX「ファルコン9」爆発、Facebookの人工衛星破壊

The moment a SpaceX rocket explodes at Cape Canaveral - BBC News
The moment a SpaceX rocket explodes at Cape Canaveral – BBC News

9月1日、米フロリダ州ケープ・カナベラル空軍基地から9月3日に打ち上げる予定だった SpaceX無人ロケット「ファルコン9」が発射準備中に爆発しました。

今回のミッションは、Facebookの人工衛星「AMOS-6」を打ち上げることでした。SpaceXは、この爆発でファルコン9および貨物である「AMOS-6」が破損したと発表しました。

AMOS-6は、Facebookが Internet.orgプロジェクトの一環として、イスラエルの通信衛星「AMOS-6」が搭載されていました。打ち上げが成功していれば、アフリカ地域に既存の端末で安価に利用できるネット接続環境を構築できるはずでした。

ネット接続環境提供開始に立ち会うためにアフリカ滞在中のマーク・ザッカーバーグCEOは、自身のFacebookで、「SpaceXの打ち上げ失敗で、アフリカ大陸の人々にネット接続環境を提供するはずだったわれわれの衛星が破壊されたと聞いて大変がっかりしている。幸い、われわれは Aquilaのような別の技術も開発している。今後も破壊されてしまった衛星が提供するはずだったようなサービスを誰もが享受できるようになるまで努力を続ける」と語っています。

SpaceXのイーロン・マスクCEOは自身のTwitterで「ファルコン喪失を引き起こした爆発は、推進剤充填中に酸素タンクの上部付近で発生した。詳細は調査中」とツイートしました。SpaceXによると、けが人はいないということです。

AMOS-6の運用事業者は、イスラエルのAMOS Spacecom社ですが、同社は先月末、中国のXinwei Groupによって買収され中国企業の傘下入りをしていました。
米宇宙関連メディアのSpaceflight Nowによると、破損した衛星は2億ドル相当ということです。