CompuServeへの思い

FH030020
VAX Computer of CIS Room

2009年7月7日のニュースで「1979年に誕生したCompuServe Classic」のサービス終了を知りました。
いまは America Online(AOL)の傘下ですが、パソコン通信として30年の歴史に幕を下ろしました。

当時の CompuServeにはある思いがあります(^^)世界の「膨大な情報」と「文化の多様性」の入口として、当時の筆者に「新鮮な驚き!」を提供してくれました。

  • CompuServe(Website)サービスは継続してます。

それまで「全く知らない世界と文化」や「マスメディアが取り上げない情報」にアクセスしたり、海外の知らない人々とコミュニケーションしたり、ワクワクしたことを思い出します(^^)

この時のカルチャーショックは大きく、時間と地域、政治や職業、異文化の壁を越えたコミュニケーションの実現、多様なデータベースへのアクセス実現は、技術的にスピードが遅いとか、英語ばかりとか、テキストばかりで画像は復元しなくてはならない、などは些細な問題だったな〜と感じています(^^)

この後インターネットと携帯が登場して高速化し静止画から動画へ、テレビは多チャンネルからHDデジタルへ進化していますが、当時のようなインパクトを感じられませんね(^^)

CompuServe (CIS)

FH030024
November 1990, CompuServe Inc.

1990年当時のコンピューサーブの事業内容は、

  1. ビジネスサービス(VANは業界3位)
  2. パソコン通信サービス(CIS)世界最大
  3. 自社ソフトウェア開発と販売

コンピューサーブの契約会員数は625,000人(世界最大)。パソコン通信サービスは1,500項目にもおよび、特に電子メールサービスは充実していて、テレックス、MCIメール、FAX、InfoPlex(企業内ネット)インターネット網(大学、研究所のネット)とのメールの送受、さらには電子メールから郵便にして配達できるサービスまでありました。

FH030021
CompuServe Inc.

インターネットが普及するまでは、テキストベースで遅いスピードでしたが、企業向けサービスの多様化や、コミュニケーションサービスの確立に果たした役割は大きなものがあります。

私たち個人は、このパソコン通信を通して海外を含めて地域を超え、時間を超えたコミュニケーションと、多彩なサービスを受ける素晴らしいメディアを体験できるようになりました。

「デジタル」「インタラクティブ」「パーソナル」のメディア三原則を実感した最初のメディアでした。

いま、ここは閉鎖されているようです。