貧困は人格的な欠陥が原因ではない(TED: Rutger Bregman)

Poverty isn’t a lack of character; it’s a lack of cash | Rutger Bregman

オランダ人歴史学者で、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)支持者のルトガー・ブレグマン(Rutger Bregman)氏は、TED Talkで「貧困は人格の欠陥によるものではありません。貧困は現金の欠如によるものなのです。」と締めくくり、1,000人を超える観客から大喝采を浴びました。

「貧困層は不健康な食事をし、貯蓄が少なく、薬物をより頻繁に使用する傾向にある。なぜなら、基本的な欲求が満たされていないからだ」と述べ、「貧困は人格的な欠陥が原因ではなく、現金の欠如によるもの」と語ります。

ブレグマンは講演で、UBIのシステムをつくることは、これらの欲求を満たすのに一番手っ取り早くて簡単な方法であると述べています。

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働 / ルトガー・ブレグマン (著), 野中香方子 (翻訳)

また、Amazonでベストセラー(カテゴリ)となっているなど、ブレグマン氏の著作「隷属なき道」も話題になっています。興味深い本です(^^)

いま「人間がAIとロボットとの競争に負けつつあること」、その結果「中流」は崩壊し「貧富の差は有史上もっとも広がりつつある」としています。
ブレグマン氏は、それに対する処方箋は、人々にただでお金を配ること、1日の労働時間を3時間にすること、そして国境線を開放することである。それこそが、機械への「隷属なき道」となるとしています。

現在、世界各国のユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)については、フィンランド、ケニア、カリフォルニア州オークランドなどで実験が行われています。
2017年の後半にはオランダとカナダで新たな試みがスタートする予定です。ブレグマン氏によると、すでに手段や研究結果、ニーズはそろっていて、あとは実行に移すのみだということです。

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ

ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ / リンダ・リウカス

子どものプログラミング教育が注目されるのと同時期に刊行された「ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング」から1年が経過しました。第2弾となる「ルビィのぼうけん コンピューターの国のルビィ」が4月10日に刊行されます。

ブラックボックスのようなコンピュータの中身。これからは PCやスマホだけでなく、すべてのモノにコンピュータが組み込まれるIoT時代に向かっています。その内側の動きを想像できるようになることは、子どもたちが生きてゆく世界を理解するための重要な手がかりになります。

リンダ・リウカス(Linda Liukas)さんは「150年ほど前、ルイス・キャロルは、アリスを鏡の向こうの不思議な世界へと放り込みました。私はルビィを、同じような旅に送り出します」と語っています(^^)

あるたいくつな日、ルビィはお父さんのパソコンのマウスポインター(矢印)が動かないことを発見します。相棒のマウスとともに飛び込んだのは、コンピュータの中の世界。きらきら明滅するビットたち、うるさがたの論理ゲート、命令ばかりする CPUなど、いろんなコンピュータの国の住人たちに出会いながら、ルビィはぶじカーソルを見つけられるでしょうか?

リンダ・リウカスさんが描く、色彩豊かな可愛らしいイラストのキャラクターたちが繰り広げるぼうけん物語は面白そうですね(^^)

21世紀の教養としてその知識は無駄にならないと語ったリンダさん。リンダ・リウカスさんと訳者の鳥井雪さんにインタビューした記事があります。

ルビィのぼうけん こんにちは! プログラミング