米国が第一で、地球は最後、ということだ(マイケル・ムーア)

The Arc de Triomphe in Paris, France, is illuminated in green to celebrate the entry into force of the Paris Agreement, the most ambitious climate change agreement in history, on November 4, 2016. / Wikipedia

ドナルド・トランプ米大統領は6月1日午後、気候変動への国際的な取り組みを決めた2015年のパリ協定から離脱すると宣言しました。

米国の企業や労働者に不利にならない「公平」な新しい取り決めの再交渉を始めると述べています。一方、仏独伊の各国政府はただちに、パリ協定の再交渉には応じないと反論しています。

2016年1月時点で、計188カ国・地域が約束草案を条約事務局に提出し、これまでに米国を含む146カ国が批准。米国は昨年11月に発効させています。条約に参加していないのは、これまでシリアとニカラグアだけでした

米国内では、カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事をはじめ、ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコなど複数の首長が、連邦政府をよそに自分たちの自治体はパリ協定を順守し続けると表明しています。

また、トランプ大統領が「自分はパリでなくピッツバーグの市民を代表するために選ばれた」と名指しされたピッツバーグのビル・ペドゥト市長もただちに、「我々はパリ協定の指針に従うと約束する」とツイートしています。

政治を鋭く批判する映画を製作してきたマイケル・ムーア監督は、ツイッターに「トランプ大統領は人類に対する犯罪を犯した。アメリカが第一で、地球は最後、ということだ」と投稿し、トランプ大統領の決定を厳しく批判しました。

トランプ大統領の就任演説と政策基本方針

The Inauguration of the 45th President of the United States / The White House

1月20日、ドナルド・トランプ氏は米連邦議事堂で開かれた式典で宣誓し、正式に第45代米大統領に就任しました。

就任演説では「貿易、税、移民、外交問題に関するすべての決断は、米国の労働者と米国の家族を利するために下されます」として、国内外で「米国第一主義」の政策を推進すると表明しました。

トランプ大統領は、米国民に対し「今この時はあなたがたのものだ」とし、「ワシントンからあなたがたに権力を取り戻す」と述べ、その上で「きょうから新たなビジョンがこの地を統治する。これからは米国第一主義だけだ」とし、雇用の国外流出で苦しい立場に追い込まれた中間層の底上げを目指すとしました。

また、外交政策では、イスラム国(IS)など「イスラム過激派テログループ」打倒を最優先の目標とすると表明しました。

トランプ新政権の政策基本方針が、新しいホワイトハウスのWebsite(whitehouse.gov)に公開されています。エネルギー政策、外交政策、雇用と経済成長、国防、治安、通商政策の6項目について述べています。また、トランプ氏と有権者の契約である「アメリカを再び偉大にする」ための100日行動計画についても、NHKのスペシャルコンテンツ「トランプ大統領」で和訳して掲載しています。

YouTubeでは 01:42:30から宣誓を行い、就任演説が始まります。


アメリカの「忘れられた労働者階級」の葛藤(TED: J.D. Vance)