NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「 Cornell Tech 」

米ニューヨークのイーストリバーに浮かぶルーズベルト島に、NY版シリコンバレーを目指すコーネル大学の「Cornell Tech」が、8月1日に一部オープンしました。すべての完成が2043年、その巨大ハイテク・キャンパスと、隣接した20世紀を代表する巨匠ルイス・カーンが最後に設計したフランクリン D ルーズベルト・フォー・フリーダム・パーク(Franklin D. Roosevelt Four Freedoms Park)を、ニューヨーク在住のりばてぃさんが特集記事として掲載しています。日本語メディアで、コーネル・テック内部の様子をお伝えするのは、たぶん、これが史上初、最速のレポートと述べています。興味深いですね(^^)

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

公園はルーズベルト大統領の「言論と表現の自由、礼拝の自由、欠乏からの自由と恐怖からの自由」の「四つの自由(1941年)」を表現しているそうです。りばてぃさんが「ニューヨークでは、都市再開発の際、まず素敵な公園づくりからはじめる傾向が極めて顕著。これは、コーネル・テックでも同様で、そのすぐ南側にどーんと公園作ってるんですよー。」と紹介しています。ニューヨークの公共政策として徹底されているようですが、創造力やクリエイティブを最重要視する21世紀においては、イノベーションと、テクノロジー、アート、クリエイティブは一体である必然を感じます。

Franklin D. Roosevelt Four-Freedoms Park / Facebook

NYC デジタルロードマップの進捗とイノベーション



ルイス・カーンのエクセター図書館(Louis Kahn)

Phillips Exeter Academy / jlbruno

ニューハンプシャー州エクセターにあるフィリップス・エクセター・アカデミー(Phillips Exeter Academy)は、The Ten Schools(10スクール)のボーディングスクール(寄宿制中等教育学校)の中でも、世界的に極めて優秀な私立高校として知られています。

エクセターは、米国内で最も寄付の多い中等教育学校であり、2002年卒業者に Facebook 創業者マーク・ザッカーバーグ氏がいます。

Phillips Exeter Academy Library / Wikipedia

この学校のエクセター図書館(Phillips Exeter Academy Library)は、最後の巨匠と言われるエストニア系アメリカ人建築家ルイス・カーン(Louis Kahn: 1901年 – 1974年)氏が設計したそうです。

打放しコンクリートの構造と素材が厳しく幾何学的形体として操作され、そのディテールの精度とプロポーションの確かさは独自の美学完成度を追求しています。

地中海ブログの cruasan さんが「物凄いものを見てしまった!」と、楽しい記事を掲載しています(^^)今回は行き方編、詳しい空間分析は次回パート2になるようです(^^)

Kahn’s Exeter Short Film from Alex Roman on Vimeo.