ノーマン・ロックウェルのThe Problem We All Live With(みんなの問題)

ノーマン・ロックウェル(Norman Rockwell、1894年2月 – 1978年11月)さんは、米国の画家、イラストレータです。庶民の哀歓を巧みに描き、米国で幅広い大衆的人気を持っています。1916年から1963年まで The Saturday Evening Postの表紙を飾り、生涯に2,000を超える作品を描いています。

The Problem We All Live With / Norman Rockwell(Wikipedia)

最も米国的な画家の一人としてユーモラスな作品が多い一方で、後期(1964年)の代表作 The Problem We All Live With(みんなの問題)では、Nigger(黒人の差別語)や KKK(白人至上主義)と落書きがあり、血を連想させるトマトが投げつけられた壁の前を、連邦保安官に守られながら最初に白人の学校に通学する 6歳のルビィ・ブリッジス(Ruby Bridges)さんの姿を描いています。痛烈に人種差別を批判した一枚です。

ノーマン・ロックウェルさんは、リアリティを追求して民衆のさまざまな物語を鮮やかに描いています。一枚の絵画にドラマを感じさせる構図と構成力、表現力は多くのファンに愛されています。YouTubeでは、ジョージ・ルーカス監督とスティーブン・スピルバーグ監督が、ロックウェルさんの作品の魅力を解説しています。

2011年7月にホワイトハウスの大統領執務室の隣室にこの絵が掲げられました。その時の動画です。

人種の偏見を乗り越えるには?彼らに堂々と歩み寄って行くのです(TED)

Vernā Myers: How to overcome our biases? Walk boldly toward them
Vernā Myers: How to overcome our biases? Walk boldly toward them

人種多様性提唱者のヴェルナ・マイヤーズ(Vernā Myers)さんは、私たちが「よそ者」に抱く無意識下の態度に注意深く目を向け、こう懇願します。
「あなたの持つ偏見を知って下さい。そして逃げ腰になるのではなく、偏見の対象のグループや人種に歩み寄って行って下さい。」この重要なトークで、彼女は、コミカルに熱く、どうすれば良いのかを紹介します。

500万人が実施した「自覚のない偏見」を測定する潜在意識の連想テストでは、私たちのスタンダードは、白人ということが明らかになっています。私たちは白人が好きなのです。脳が無意識に連想するというこの事実に対し、私たちはどうするべきでしょうか?

偏見とは、私たちが人々を知る前に創り上げてしまう物語です。「彼らに気をつけて」「できるだけ避けるように」と言われて育った私たちは、どうやって彼らを知ることが出来るでしょう?

偏見が無くならず、世代を超えて伝わるのは何故だろうって思いますか?

最後に「多くの素晴らしい黒人男性たち、最も素晴らしい政治家だったり、勇敢な兵士だったり、働き者の労働者達だったり、力強い宣教師達です。彼らは才能ある科学者、芸術家、作家達だったり、ダイナミックなコメディアンだったり、愛情深いおじいさんだったり、心優しい息子だったり、彼らは力強い父親であったり、それぞれの夢を持った若者達だったりするのです。」素晴らしいTED Talkです。

マイヤーズ氏は「人種の偏見」を述べていますが、民族、性別、LGBT、出自(しゅつじ)や疫病、職業、宗教、難民、ホームレスなど、いたるところに偏見があります。彼女の提案は「自分とは違った人」に応用できる考え方です。