サハリン州郷土博物館(Сахалинский областной краеведческий музей)

バーチャル見学 / サハリン州郷土博物館

初代サハリン博物館は、1896年(明治29年)にアレクサンドロフスキー砦で創設。懲役を勤めていた活動家と、その知人たちやサハリン流刑地の行政機関の力で、民族誌、考古学、地質学、植物学、動物学などのコレクションが収集されました。(下記参照)

1937年、樺太庁博物館の建物は、日本の伝統的な建築「帝冠様式」です。樺太庁博物館ではサハリン南部の原住民の民族誌、古生物学、植物学などのコレクションが展示されていました。
そこではアイヌの言語学者 知里真志保、民族誌学者の山本としお、植物学者の菅原繁蔵などが活動をしていました。

九五式軽戦車 ハ号 / Wikpedia

九五式軽戦車は、日本戦車としては最多の2,378輛が生産され、第二次世界大戦中の日本軍の主力戦車として運用されていました。

アジア各国や米国、そしてモスクワなど世界中に展示されていますが、サハリン州郷土博物館にもあったんですね(^^)

この博物館には、社会の歴史や文化、サハリンとクリル列島の自然に関する本物の物を保管。展示されている物とコレクションの数は、20万個以上です。珍しい展示物の中に、サハリンの原住民(アイヌ、ウイルタ(オロック)、ニブフ)の伝統的な文化の古い物と、古生物学的なコレクションがあります。
「歴史的な地質学」や「古代文化と民族」「ロシアの懲役徒刑地とされたサハリン」などを展示、面白そうな郷土博物館ですね(^^)

The main museum of Yuzhno-Sakhalinsk in the city of Yuzhno-Sakhalinsk, Sakhalin Island, Russia. / Wikipedia Commons

メインクーン(Maine Coon)の猫オマールは世界最長か

Omar the Maine Coon / Stephanie Hirst

メインクーン(Maine Coon)は、イエネコの中でも大きな品種のひとつであり、長毛種でジェントル・ジャイアント(穏やかな巨人)という愛称を持つ身体的な特徴と、その賢さと遊び好きなことでも知られています。

オーストラリアのメルボルンに住んでいる、猫のオマール(Omar)3歳は、2013年に飼い主のステフィー・ハースト(Stephanie Hirst)さんにもらわれた時、他の兄弟子猫たちと同じ大きさだったそうです。しかし、いまや体重14kg、体長は 120cmにも成長しました。

巨大猫のオマールがネットで有名になると、ギネス・ワールドレコーズがオマールのサイズを送ってくるようハーストさんに連絡してきたそうです。現在の記録保持者は、英北部ウェストヨークシャーのウェイクフィールドで暮らす、体長118cmのメインクーンです。

普段は穏やかなオマールはネットで有名になって以来、オーストラリアの大手新聞や全国ネットのテレビ番組、そして世界中のメディアにも登場しています。飼い主のハーストさんは、ギネス世界記録よりも「猫のオマールは、もともとののんびりした生活に戻りたいだろう」と気遣っています。

ハーストさんは、「オマールは、トランポリンで昼寝して、カンガルーの肉をまた食べて、夜私たちの安眠を妨害する生活に戻るのを、ただ楽しみにしているんです」「普通の飼い猫に戻れることの方がうれしいと思う」と述べています。