北朝鮮の軍事施設と精密誘導大型貫通爆弾(MOP)

B-52 爆撃機からの投下実験(GBU-57 MOP)/ Wikipedia

北朝鮮が日本の北海道上空を通過するミサイルを発射(8/29)した際、日本の住民は避難し、トランプ大統領は「あらゆる選択肢がテーブルの上にある」と述べています。

また、北朝鮮が2回目の水爆実験に成功(9/4)した後、トランプ大統領は、攻撃するのかと問われ「今に分かる」と答えています。

米国の軍事オプションとして「ピンポイント空爆」が有ります。写真は米空軍によって開発された30,000ポンド(約13,600kg)の「バンカーバスター」精密誘導爆弾(GBU-57 MOP)です。

この地中貫通爆弾は、湾岸戦争開戦後に地下深くに存在するイラク軍司令部を破壊する目的で特別に開発された GBU-28(5,000ポンド(約2,270kg)、貫通力30m)よりも、総重量、威力、貫通力(70m以上)ともに大きなものです。

B-52爆撃機やB-2ステルス戦略爆撃機に搭載され、爆弾はGPSによって誘導されて正確に目標地点に命中した後、直径80cmの弾体が地中に70m以上貫通、爆発するとされます。

米国が警告している軍事オプションとはどのようなものなのか? 米空軍と海軍は世界最先端の局所空爆、ピンポイント空爆の能力をもっていますが、ただ孤立して引きこもってきた北朝鮮に実際に使える選択肢は限られてもいるようです(BBC寄稿:ジャスティン・ブロンク氏)

ジャスティン・ブロンク(Justin Bronk)氏は、独立シンクタンク「英国王立防衛安全保障研究所RUSI)」の研究員。空軍戦闘力と技術が専門です。


北朝鮮の核実験場や軍事施設の場所などの情報です。

金正男氏の息子、キム・ハンソル氏が支援に感謝

Nordkorea 2015 – Pjöngjang – Chollima Statue / Uwe Brodrecht

2月13日にマレーシアで殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、金漢率(キム・ハンソル/김한솔)氏が YouTubeに自ら姿を現した理由に関心が集まっています。

動画では、キム・ハンソル氏と見られる人物が身分証明として自身のパスポートを提示した上で、「私の名前はキム・ハンソルです。数日前、私の父は殺害されました。いま、私は母と妹といます。状況がよくなることを願っています」と話しています。韓国の情報当局関係者が本人と確認しています。

動画を掲載したのは、北朝鮮脱出住民(脱北者)の支援活動をしているとみられる Cheollima Civil Defense(チョルリマ民間防衛)です。千里馬(Cheollima)は、翼を持ち一日に千里を駆けるという北朝鮮においては社会主義建設の象徴とされ、平壌の万寿台には千里馬の銅像があります

団体は声明で「チョルリマ民間防衛は先月、金正男氏の遺族からの緊急の求めに応じました。私たちは遺族の3人と接触し、速やかに安全な場所に保護しました」「これが、この問題(正男氏遺族の保護)についての最初で最後の声明であり、現在の遺族の場所については明らかにしない」としています。

また、「緊急時に家族の人道的避難を支援したオランダ政府、中国政府、米国政府、そして匿名の政府に感謝します。また、北朝鮮システムの中でサポートをしている仲間たちに感謝します」と述べています。