米国が第一で、地球は最後、ということだ(マイケル・ムーア)

The Arc de Triomphe in Paris, France, is illuminated in green to celebrate the entry into force of the Paris Agreement, the most ambitious climate change agreement in history, on November 4, 2016. / Wikipedia

ドナルド・トランプ米大統領は6月1日午後、気候変動への国際的な取り組みを決めた2015年のパリ協定から離脱すると宣言しました。

米国の企業や労働者に不利にならない「公平」な新しい取り決めの再交渉を始めると述べています。一方、仏独伊の各国政府はただちに、パリ協定の再交渉には応じないと反論しています。

2016年1月時点で、計188カ国・地域が約束草案を条約事務局に提出し、これまでに米国を含む146カ国が批准。米国は昨年11月に発効させています。条約に参加していないのは、これまでシリアとニカラグアだけでした

米国内では、カリフォルニア州のジェリー・ブラウン知事をはじめ、ニューヨーク、ボストン、ロサンゼルス、サンフランシスコなど複数の首長が、連邦政府をよそに自分たちの自治体はパリ協定を順守し続けると表明しています。

また、トランプ大統領が「自分はパリでなくピッツバーグの市民を代表するために選ばれた」と名指しされたピッツバーグのビル・ペドゥト市長もただちに、「我々はパリ協定の指針に従うと約束する」とツイートしています。

政治を鋭く批判する映画を製作してきたマイケル・ムーア監督は、ツイッターに「トランプ大統領は人類に対する犯罪を犯した。アメリカが第一で、地球は最後、ということだ」と投稿し、トランプ大統領の決定を厳しく批判しました。

ゲイツ氏やビジネス・リーダーがクリーンエネルギー技術の投資ファンドを設立

Bill Gates. TED2011 / Gisela Giardino

2016年12月12日にクリーンエネルギー技術を支援する連合体 Breakthrough Energy Coalition(BEC)のメンバーによる新たな基金 Breakthrough Energy Ventures(BEV)の設立が発表されました。米Microsoft共同創業者のビル・ゲイツ氏らが10億ドル超を出資します。

2015年11月に設立されたBECは、テクノロジー、金融分野の有力メンバーをこぞったグループで、クリーンテックの公的援助、調査研究活動に力を入れている途上国のスタートアップを中心に、2020年までに総額300億ドルを投資することを約束しています。

  • Who We Are(Website) Breakthrough Energy Coalition(BEC)の参加メンバー

BEVは、安価で信頼性のある電力、農産物、商品を温室効果ガス排出量ゼロ(ゼロエミッション)で供給することを目的とします。主な投資対象として発電および蓄電、輸送機関、農業、エネルギーシステムの効率化などを挙げています。

今回の基金 BEVには、ビル・ゲイツ(Bill & Melinda Gates)をはじめ、ジェフ・ベゾス(Amazon)、ヴィノド・コースラ(Khosla Ventures)、ジャック・マ(Alibaba)、ジョン・ドーア(KPCB)、孫正義(SoftBank)ら、合計20人の著名なビジネス・リーダーが新しいBreakthrough Energy Ventures(BEV)に出資することを決めました。

The world needs a new energy supply—one that doesn’t contribute to climate change. / Facebook
Melinda and I are deeply humbled to receive the Presidential Medal of Freedom for our foundation’s efforts to create a more equal world. / Facebook

ゲイツ氏はトランプ氏との会談を終え、記者団に対し「保健、教育、海外支援やエネルギー分野へのインパクトにおいて、イノベーション(技術革新)が果たし得る貢献について良い話し合いができた」と語っています。