有名になりたかったジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat)

Jean-Michel Basquiat / IMDb

ジャン=ミシェル・バスキア(Jean-Michel Basquiat、1960年12月 – 1988年8月12日)はニューヨーク市ブルックリンで生まれた米国の画家です。グラフィティ・アートをモチーフにした作品で知られています。

ブルックリンの中流家庭に生まれ、母は幼い息子を美術館によく連れて行ってます。7歳のとき、車にはねられ入院。その入院中に母が贈った「グレイの解剖学」の頭版は、その後の作品の重要なモチーフになります。

17歳の時に友人とインチキ宗教を生業とする、架空のキャラクター〈SAMO〉を創り出し、ダウンタウンで署名入りの詩的な落書きをして知られるようになります。

その後、ハイスクールを中退、手作りの絵葉書や、Tシャツを売ってお金を稼ぐようになり、やがてクラブ57(Club 57)の常連となり、マドンナとも付き合うようになります。美術界に足を踏み入れたバスキアは、米国ポップアートの旗手アンディ・ウォーホル(写真: at Mr. Chow. April 21, 1986.)に認められて人気と栄誉を得るようになります。

1250点を超えるドローイングと900点を超える絵を残し、オーバードースにより27歳の若さでこの世を去ったジャン=ミシェル・バスキア。彼の夢とは、そして望んだものは何だったのでしょう。

2010年サンダンス映画祭 ドキュメンタリー部門正式出品作品。1980年代のアート界に新風を吹き込んだアーティスト、ジャン=ミシェル・バスキア。本人の貴重なインタビュー映像をもとに綴られる初のバスキア・ドキュメンタリー作品です。

心に残る名曲 Mia & Sebastian’s Theme (Late For The Date)

ミュージカル映画ラ・ラ・ランド(La La Land)では、心にのこるピアノ曲やジャズなど素晴らしい音楽が流れます。映画音楽(Google検索)で検索すると、数々の名作映画が並びます。この映画ラ・ラ・ランドも心に残る名作映画音楽に数えられるように思います。

Ryan Gosling and Emma Stone in La La Land (2016) / IMDb

映画ラ・ラ・ランドで、一番私の心に残ったのは、ジャスティン・ハーウィッツ(Justin Hurwitz)さんが作曲した二人のテーマ曲 Mia & Sebastian’s Theme (Late For The Date)です。このピアノ曲が流れると二人のシーンやラストシーンが蘇ります。こんな YouTube(la la land / tribute:8分18秒)もあります。皆さんはどの曲がお気に入りでしょうか?