アンナ・ジャービス(Anna Jarvis)さんが願った母の日

Anna Jarvis / Wikipedia

5月の第2日曜日「母の日」です。その起源は米国のアンナ・ジャービス(Anna Jarvis : 1864-1948)さんが、亡き母親を偲び、母が日曜学校の教師をしていた教会で記念会をもち、白いカーネーションを贈ります。
これが日本や米国での「母の日」の起源とされています。

アンナさんの母への想いに感動した人々は、1908年5月10日に教会で最初の「母の日」を祝います。アンナさんは参加者全員に、母親が好きであった白いカーネーションを手渡します。カーネーションの花言葉は「母の愛情」、また5月の誕生花でもあります。

ジャービスさんは、友人たちに「母の日」を作って国中で祝うことを提案、運動は全米に拡大します。1914年に「母の日」は米国の記念日になり、5月の第2日曜日と定められました。日本では1947年(昭和22年)に制定されています。

Ann Jarvis / Wikipedia

アンナさんの母親アン・ジャービス(Ann Jarvis : 1832-1905)さんは、南北戦争中のウェストバージニア州で、衛生状態の悪いことが原因で、北軍と南軍の兵士の間に腸チフスやはしかといった病気が流行します。その時、敵味方問わず負傷兵の衛生状態を改善するために、地域の女性たちとともに活動(Mothers Day Work Club)をして、米国社会で注目されることになります。

アン・ジャービスさんは南北戦争後も、わだかまりを解くためにコンサートを開催したり、教会の学校で子供たちに勉強を教え続けたりしていました。1905年の5月9日に亡くなりますが、娘のアンナさんは母親のことを大変に敬愛していました。

「母の日」が米国の祝日になった後、ジャービスさんは「母の日」の商業化を激しく非難するようになり、一転して「母の日」を姉妹と共に廃止するための活動をしています。

アンナ・ジャービスさんが、自分の母親を敬う気持ちだけは世の中に残しておきたいと願った「母の日」、商業化に捉われない「母への想い」を大切にしたいと思います。

世界幸福度ランキング2017(World Happiness Report 2017)日本51位

World Happiness Report 2017 / Facebook

3月20日、国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2017」を発表しました。

2012年から開始され5回目になります。2016年(世界幸福度報告書2016)は、デンマークが1位となり日本は53位でした。

2017年は155カ国を対象して、ノルウェーが1位、デンマークが2位、アイスランドが3位、以下、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンまでがベスト10です。

主要国(2016年)では、米国は14位(13)、ドイツ16位(16)、英国19位(23)、フランス31位(32)、イタリア48位(50)となっています。大統領弾劾でゆれる韓国は56位でした。日本は51位(53)で先進7カ国(G7)で最低になっています。

この幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産(GDP:青緑)、社会的支援(Social Support:橙色)、健康寿命(healthy life expectancy:赤色)、社会的自由(freedom to make life choices:濃紺)、寛容さ(Generosity:緑色)、汚職の無さ(Perceptions of corruption:紫色)、ディストピア+残余値(Dystopia (1.85) + Residual:灰色)を積算しています。

日本の低い幸福度ランキングは、上位国に比べて「寛容さ/緑色」や「汚職の無さ/紫色」が低く、また、その国の価値観が反映した「架空の国ディストピア(1.85)+残余値/灰色」が極端に低いことです。
教育や就職、働き方などの社会的制約や男女格差(世界111位)が大きく、子どもの貧困や少子高齢化、人口減少が進み、生活や自己実現、夢などに対する不安が増加傾向にあることが「幸福度」を下げていると思います。

Ranking of Happiness 2014-2016 / worldhappiness.report