世界幸福度ランキング2017(World Happiness Report 2017)日本51位

World Happiness Report 2017 / Facebook

3月20日、国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2017」を発表しました。

2012年から開始され5回目になります。2016年(世界幸福度報告書2016)は、デンマークが1位となり日本は53位でした。

2017年は155カ国を対象して、ノルウェーが1位、デンマークが2位、アイスランドが3位、以下、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンまでがベスト10です。

主要国(2016年)では、米国は14位(13)、ドイツ16位(16)、英国19位(23)、フランス31位(32)、イタリア48位(50)となっています。大統領弾劾でゆれる韓国は56位でした。日本は51位(53)で先進7カ国(G7)で最低になっています。

この幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産(GDP:青緑)、社会的支援(Social Support:橙色)、健康寿命(healthy life expectancy:赤色)、社会的自由(freedom to make life choices:濃紺)、寛容さ(Generosity:緑色)、汚職の無さ(Perceptions of corruption:紫色)、ディストピア+残余値(Dystopia (1.85) + Residual:灰色)を積算しています。

日本の低い幸福度ランキングは、上位国に比べて「寛容さ/緑色」や「汚職の無さ/紫色」が低く、また、その国の価値観が反映した「架空の国ディストピア(1.85)+残余値/灰色」が極端に低いことです。
教育や就職、働き方などの社会的制約や男女格差(世界111位)が大きく、子どもの貧困や少子高齢化、人口減少が進み、生活や自己実現、夢などに対する不安が増加傾向にあることが「幸福度」を下げていると思います。

Ranking of Happiness 2014-2016 / worldhappiness.report

はっきり主張できるようになるには(TED: Adam Galinsky)

Adam Galinsky: How to speak up for yourself

はっきり自分の考えを述べることは、そうすべき時でも難しいものです。

社会心理学者アダム・ガリンスキー(Adam Galinsky)さんの賢明な助言から、意見をはっきりと述べ、難しい状況もくぐり抜け、自分自身の力を強化する方法を学ぶことができます。

ガリンスキーさんは、自己主張のジレンマに関して世界中の人々に質問をしてきました。自分を強く主張できる時とは? 自分の利益や関心を押し通せる時とは? 自分の意見を表現できる時とは? 野心的な要求ができる時とは?
この調査を通して人にはそれぞれ許されている言動の範囲があることに気がついたそうです。この講演では、自分の言動の許容範囲を広げる興味深い道具一式を述べています。

ガリンスキーさんは、最も重要な道具の1つに「他者視点取得」と呼ばれるものがあると指摘。他者視点取得とは、実に単純で他者の視点を通して世の中を見るということです。これが自分の許容範囲を広げてくれる最も重要な道具の1つと言います。

「相手の視点を取り入れて相手が本当に望んでいるものを考えると、相手から自分の望んでいるものをもらえる可能性が高まります」と、その重要性について語っています。