ラスベガスで過去最悪の銃乱射事件(2017 Las Vegas Strip shooting)

ストリップ最南端のホテルがマンダレイ・ベイ / Wikipedia

10月1日午後10時ごろ、ラスベガスでホテル周辺のコンサート会場を狙った銃乱射事件があり、現地警察によると、死者59人のほか負傷者も527人に上っています。容疑者はホテルの部屋で死亡していました(10/3 AFPBB News)
米メディアは「米国史上最多の犠牲者を出した銃乱射事件」と伝えています。

ラスベガス・ストリップ(Las Vegas Strip)は、米ネバダ州ラスベガス・ブールバード(大通り)の中で長さ約4.2マイル(6.8 km)にわたる部分を指す名称です。

事件が起きたのは、ラスベガス中心部にあるカジノホテル「マンダレイ・ベイ・ホテル&カジノ」前の道路を挟んだ野外コンサート会場です(Googele Map参照)
ここでカントリーミュージックの音楽祭が開かれており、容疑者はこのホテルの32階から、約2万2千万人の観客で埋まった会場に向けて自動小銃で無差別に発砲。観客が次々と血を流して倒れ、現場は大混乱に陥りました。

警察は、スティーブン・パドック容疑者(64)を実行犯と断定。ネバダ州メスキートの退職者住宅地にある2階建ての家に住む白人の男で、客としてホテルに宿泊していました。今のところ FBIはテロ組織とのつながりはないとみています。

<追記>過激派組織イスラム国(IS)が2日、関与を認めました。ISと関連のあるAMAQ通信は「ラスベガスの攻撃はISの兵士が実行した」とし、この人物は「数カ月前にイスラム教に改宗していた」としています(10/2 ロイター通信)

大人から幼児までの素敵な空間 The Noguchi Museum

The Noguchi Museum / Facebook

イサム・ノグチ庭園美術館(通称ノグチ美術館:The Noguchi Museum)は、ニューヨークのロング・アイランド・シティ地区に1985年設立。この美術館はノグチ本人がデザインもすべて手掛けています。
公共空間を芸術作品として捉えたノグチの美意識の結晶と言えるそうです(イサム・ノグチ略歴/Noguchi Museum

生涯を芸術表現の実験的試作に捧げ、彫刻、庭園、家具と照明デザイン、陶芸、建築および舞台美術など幅広い作品を残しています。作品には遊具も多く、イサムも親子で遊ぶ風景が一番美しいと感じていたそうです(^^)

イサム・ノグチの作品は、1938年まで米国では高い評価を受けることがありませんでした。同年、ニューヨークのロックフェラー・センターのAP通信社ビルに設置する作品の制作依頼を受け、「報道の自由」を象徴的に表現した大規模彫刻を完成させます。この作品が先例となり、世界各地の数々の公共空間プロジェクトが高い評価を受けることになります。イサム・ノグチの彫刻芸術が社会的に重要な役割を果たしうるという信念が反映した彫刻作品です。

ニューヨーク在住でブロガーのミキッシュさんが、マンハッタンからのアクセスが便利になったノグチ美術館に久しぶりに行ってきたそうです。素敵な写真と記事を掲載しています。優しさと癒しを感じられるのか、女性の割合がすごく多いそうです(^^)

The Noguchi Museum / Facebook