Google Arts & Cultureで、ロストワールドを再現

Giraffatitan: Back to Life in Virtual Reality / Google
Giraffatitan: Back to Life in Virtual Reality / Google

Googleは、50館を越す世界屈指の博物館や科学館と協力して、「ロストワールド」を Google Arts & Cultureに再現しています。

新たに公開する自然史コレクションは 150以上のインタラクティブストーリー、30万点の写真や動画で構成されています。

30以上のバーチャルツアーでは、太古の生物に加え、現存する世界の美しい、または危険な生物たち、あるいは絶滅の危機に瀕する種まで多様な生き物と出会うことができるようです。

ベルリンにあるドイツ最大の自然史博物館(フンボルト博物館)のブラキオサウルス改めジラファティタン(Giraffatitan)が、VR技術と360度の YouTube動画で現代によみがえりました。直立時の高さが 13メートルもあり、世界で最も背の高い恐竜だったと言われています。

現代のキリンと比べると、その高さは倍近くあり、自然史博物館の4階の窓から顔をのぞかせる高さです。YouTubeを4Kで再生して、大画面で観ると迫力の面白い映像になっています(^^)

日本からは、国立科学博物館所蔵の貴重な展示241件、「恐竜の謎を探る」「地球の多様な生き物たち」等をテーマとするの5つの展示が公開されました。ストリートビューで館内を探検することもできます。

ゴルフ場を恐竜クラス(体長5m)のワニが散歩

Giant Gator Walks Across Florida Golf Course / Golf.com
Giant Gator Walks Across Florida Golf Course / Golf.com

5月25日、米フロリダ州にあるバッファロー・クリーク(Buffalo Creek Golf Club)で、ゴルフ場のコース内を体長が5メートルもある、恐竜のようなワニが闊歩する光景をその場に居合わせたゴルファーが撮影しました。

恐竜クラスのワニが人の目の前を歩く姿は、映画「ジュラシックパーク」の一場面のようです。全米ネットのニュース番組でも紹介されるなど大きな話題を集めています(^^)

撮影したのは、Charles Helms(チャールズ・ヘルムズ)さんです。友人と近くにあるゴルフ場でプレイをしている最中にこの光景を撮影することに成功しました。

フロリダ州の湿地帯の近くにあるゴルフ場などでは、ワニがごく普通にグリーンの中を歩き回ることが頻繁に起きており、州当局では、ワニに不用意に近づくと食べられてしまう恐れがあるとして、住民に対して注意を呼び掛けているそうです。

Lolong / Wikipedia
Lolong / Wikipedia

生け捕りにされた世界最大のワニとして、ギネス世界記録(Guinness World Records)に認定されていたのは、フィリピンの体長6.17m、体重が1,075kgのイリエワニのロロン(Lolong)です。

イリエワニは、現生の爬虫類の中では最大級の一種であり、オスの平均は全長5m、体重450Kgになります。最大の個体は、全長8.5m以上のものが記録されているそうです。

ロロンは漁業従事者の男性を食べたとみられ、捕獲作戦の末に 2011年9月に生け捕りにされました。
しかし、2013年2月10日南部ミンダナオ島ブナワンの小さな飼育小屋で、原因不明の疾患により死んでいます。