日本の新任CEOの平均は61歳と世界で最も高い

2017年5月16日、PwCネットワークのStrategy&は、世界の上場企業における時価総額の上位2,500社を対象に、CEOの承継についての第17回となる年次調査をまとめています。調査対象のうち2016年にCEOが交代したのは14.9%、372社でした。日本ではいくつかの顕著な傾向が見られます。調査の全文は、下記のPDFをご覧ください。

日本は2016年新任CEOの平均年齢は61歳と昨年より1歳上がり、世界平均の53歳と比べて8歳も高くなっています。

・新しく就任するCEOの平均年齢は、日本が61歳ととびぬけて高い。

日本企業で日本人以外のCEO就任は0%(世界平均13%)、3%が他企業からの招聘で(世界平均18%)、他企業でのCEO経験は9%(世界平均21%)でした。さらに他企業での業務経験は33%(世界平均74%)(図表10参照)、MBA保有率は4%(世界平均36%)で 、これらの数値はすべて世界で最も低い値です。また、新任女性CEOは0%(世界平均3.6%)でした。

・他企業での経験は日本が最も少なく、1つの企業に勤め続けて就任するCEOが2/3を占める。

国家でも企業でもリーダーの資質は、その行方を大きく左右します。年齢や資格が全てではありませんが、日本企業のリーダーシップや経営判断について疑問を持つ事例が後を絶たないのも事実です。

デジタルやテクノロジーから遠い日本のCEO(PwC Japan)


鳴った鐘の音は止められない(You can’t unring a bell)に挑戦!

Unimpossible Missions|鳴った鐘の音は止められない(You can’t unring a bell)|GE

 GEの企業広告キャンペーン Unimpossible Missions(不可能への挑戦)に面白い実験動画があります。

英語圏では「起きてしまったことは元に戻せない」と言う時、しばしば You can’t unring a bell(鳴った鐘の音は止められない)という慣用句を使うようです。

そこで、本当に「鳴った鐘の音は止められない」のか? 不可能なのか?

難題の解決策の発案者は、GEが世界の理系学生を対象に開催したコンテスト「Unimpossible Missionsユニバーシティ・エディション」で最優秀賞を勝ち取ったクリス・グエンさん(インタビュー/YouYube)です。

ミャンマー、ヤンゴンの住民の方々、そして「赤ちゃん」が参加して実施したユニークで面白い科学実験が下記のYouTubeです。

発明家トーマス・エジソンを創始者とする GEは、「アイデアと科学技術があれば、不可能と信じ込まれてきたことでさえ覆すことができる。映像をご覧になればきっと”不可能はもっと可能になる”と勇気を持てるはずです」と述べています。