日本文学と日本映画の名作「飢餓海峡」

Kiga kaikyô (1965) / IMDb

水上勉さんが推理作家から社会派の作家へと移行する時期の作品で代表作の一つです。戦後の貧困の時期を生きることになった多くの日本人の悲哀が主要な登場人物に投影されています。

1965年(昭和40年)に映画、また1968年からテレビドラマ、1972年からは舞台が数回にわたって制作されています。映画とテレビで6,7回観ていますが、久しぶりに動画配信で3時間2分のノーカット版を鑑賞しました。

洞爺丸事故」は、1954年(昭和29年)9月26日に青函航路で台風第15号により起こった、青函連絡船洞爺丸が沈没した海難事故です。死者・行方不明者あわせて1,155人に及ぶ、日本海難史上最大の惨事となっています。
また、同日に岩内町では市街の8割・3298戸が焼失(写真)、罹災者16,622人、死者35人(焼死33人、溺死2人)、負傷者551人、行方不明3人の「岩内大火」が発生しています。

飢餓海峡は、この洞爺丸事故と岩内大火を題材にして着想されています。
青森県大湊(現:むつ市)の娼婦・杉戸八重は、一夜を共にした犬飼多吉と名乗る見知らぬ客から、思いがけない大金を渡されます。八重は借金を清算して足を洗い東京に出ますが、犬飼の恩を忘れることはなく、金を包んであった新聞と犬飼が使った安全カミソリ(映画では犬飼の爪)を肌身はなさず持っていました。

殺人事件の捜査を通して、犬飼多吉と娼婦・杉戸八重が貧困の中で懸命に生きた想いや、人生の悲哀と悲劇が描かれた日本文学と日本映画の名作です。

Le détroit de la faim – Tomu Uchida – Trailer 投稿者 k-chan

岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成


トランプ次期大統領は信頼できる指導者であると確信

安倍総理と握手するトランプ次期大統領、後ろに長女イヴァンカさん、娘婿クシュナー氏
安倍総理と握手するトランプ次期大統領、後ろに長女イヴァンカさん、娘婿クシュナー氏 / 内閣広報室

2016年11月17日(現地時間)、安倍総理は、米国のニューヨークを訪問してドナルド・トランプ次期大統領と会談しました。

安倍総理は「私の基本的な考え方についてはお話をさせていただきました。様々な課題についてお話をいたしました。
中身につきましては、まだ正式に大統領に就任していない。そして、今回は非公式の会談であるということから、中身についてお話をするということは差し控えさせていただきたいと思いますが、二人の都合の良い時に、再び会って、さらにより広い範囲について、そしてより深くお話をしようということで一致いたしました」と語っています。

また、日米同盟等についての記者からの質問に対して、「個別具体的なことについてはお答えできませんが、同盟というのは信頼がなければ機能しません。私は、トランプ次期大統領は正に信頼できる指導者であると、このように確信しました」と述べています。

2009年に結婚したジャレッド・クシュナー(Jared Kushner、1981年1月 – )氏と、イヴァンカ・トランプ(Ivanka Trump、1981年10月 – )氏は、共和党予備選と大統領選で勝利に貢献し、新政権にも影響力の強い顧問として残ると見られています。クシュナー氏は、2003年にハーバード大学を卒業、ニューヨーク大学ビジネス・スクール・ロー・スクールで MBA・法務博士(J.D.)号を取得しています。タブロイド紙ニューヨーク・オブザーバー(New York Observer)のオーナーです。
イヴァンカ・トランプ氏は、米ペンシルバニア大学を最優等で卒業した才女で、トランプ・オーガナイゼイションの副社長を務めています。