世界幸福度ランキング2017(World Happiness Report 2017)日本51位

World Happiness Report 2017 / Facebook

3月20日、国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2017」を発表しました。

2012年から開始され5回目になります。2016年(世界幸福度報告書2016)は、デンマークが1位となり日本は53位でした。

2017年は155カ国を対象して、ノルウェーが1位、デンマークが2位、アイスランドが3位、以下、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンまでがベスト10です。

主要国(2016年)では、米国は14位(13)、ドイツ16位(16)、英国19位(23)、フランス31位(32)、イタリア48位(50)となっています。大統領弾劾でゆれる韓国は56位でした。日本は51位(53)で先進7カ国(G7)で最低になっています。

この幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産(GDP:青緑)、社会的支援(Social Support:橙色)、健康寿命(healthy life expectancy:赤色)、社会的自由(freedom to make life choices:濃紺)、寛容さ(Generosity:緑色)、汚職の無さ(Perceptions of corruption:紫色)、ディストピア+残余値(Dystopia (1.85) + Residual:灰色)を積算しています。

日本の低い幸福度ランキングは、上位国に比べて「寛容さ/緑色」や「汚職の無さ/紫色」が低く、また、その国の価値観が反映した「架空の国ディストピア(1.85)+残余値/灰色」が極端に低いことです。
教育や就職、働き方などの社会的制約や男女格差(世界111位)が大きく、子どもの貧困や少子高齢化、人口減少が進み、生活や自己実現、夢などに対する不安が増加傾向にあることが「幸福度」を下げていると思います。

Ranking of Happiness 2014-2016 / worldhappiness.report

ゲイツ氏やビジネス・リーダーがクリーンエネルギー技術の投資ファンドを設立

Bill Gates. TED2011 / Gisela Giardino

2016年12月12日にクリーンエネルギー技術を支援する連合体 Breakthrough Energy Coalition(BEC)のメンバーによる新たな基金 Breakthrough Energy Ventures(BEV)の設立が発表されました。米Microsoft共同創業者のビル・ゲイツ氏らが10億ドル超を出資します。

2015年11月に設立されたBECは、テクノロジー、金融分野の有力メンバーをこぞったグループで、クリーンテックの公的援助、調査研究活動に力を入れている途上国のスタートアップを中心に、2020年までに総額300億ドルを投資することを約束しています。

  • Who We Are(Website) Breakthrough Energy Coalition(BEC)の参加メンバー

BEVは、安価で信頼性のある電力、農産物、商品を温室効果ガス排出量ゼロ(ゼロエミッション)で供給することを目的とします。主な投資対象として発電および蓄電、輸送機関、農業、エネルギーシステムの効率化などを挙げています。

今回の基金 BEVには、ビル・ゲイツ(Bill & Melinda Gates)をはじめ、ジェフ・ベゾス(Amazon)、ヴィノド・コースラ(Khosla Ventures)、ジャック・マ(Alibaba)、ジョン・ドーア(KPCB)、孫正義(SoftBank)ら、合計20人の著名なビジネス・リーダーが新しいBreakthrough Energy Ventures(BEV)に出資することを決めました。

The world needs a new energy supply—one that doesn’t contribute to climate change. / Facebook
Melinda and I are deeply humbled to receive the Presidential Medal of Freedom for our foundation’s efforts to create a more equal world. / Facebook

ゲイツ氏はトランプ氏との会談を終え、記者団に対し「保健、教育、海外支援やエネルギー分野へのインパクトにおいて、イノベーション(技術革新)が果たし得る貢献について良い話し合いができた」と語っています。