若い発明家の発泡スチロールリサイクル計画(TED: Ashton Cofer)

Ashton Cofer: A young inventor’s plan to recycle Styrofoam

梱包用の詰め物から使い捨てのコーヒーカップまで、米国だけで毎年900万トンの発泡スチロールが生産されており、それは全く再利用されません。

この資源の無駄と溢れかえったごみ処理施設の現状に衝撃を受け、アシュトン・コーファー(Ashton Cofer)さんは、科学フェアのチームメートと共に、使用済みの発泡スチロールに熱処理を施して他の役立つ物質を造り出しました。

FIRST LEGOリーグの世界イノベーション賞と、Google科学フェアのアメリカ科学イノベーター賞(2016 Scientific American Innovator)を受賞した彼らのオリジナルデザインを見てみましょう。

Luke Clay, Julia Bray, Ashton Cofer / Google

Google Science Fair 2016でのプロジェクト名は「再利用フィルタで発泡スチロールゴミの削減を(プロジェクト:Styro-Filter)」です。

Lukeさん、Juliaさん、Ashton さん(14歳)の3人の学生は、発泡スチロールの90パーセントは炭素で構成されているため、この物質をコスト効果の高い方法で何か役立つものにできないかと知恵を絞りました。そして行きついたのが、汚染された水から汚染物質を除去することができる活性炭(カーボンフィルター)です。

資源ごみを効果的なフィルタにするためにさまざまな化学物質を何時間も試した結果、3人は埋立地からポリスチレンを大幅に削減し、汚染水を飲料水にできる活性炭の作成に成功しました。

世界幸福度ランキング2017(World Happiness Report 2017)日本51位

World Happiness Report 2017 / Facebook

3月20日、国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2017」を発表しました。

2012年から開始され5回目になります。2016年(世界幸福度報告書2016)は、デンマークが1位となり日本は53位でした。

2017年は155カ国を対象して、ノルウェーが1位、デンマークが2位、アイスランドが3位、以下、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンまでがベスト10です。

主要国(2016年)では、米国は14位(13)、ドイツ16位(16)、英国19位(23)、フランス31位(32)、イタリア48位(50)となっています。大統領弾劾でゆれる韓国は56位でした。日本は51位(53)で先進7カ国(G7)で最低になっています。

この幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産(GDP:青緑)、社会的支援(Social Support:橙色)、健康寿命(healthy life expectancy:赤色)、社会的自由(freedom to make life choices:濃紺)、寛容さ(Generosity:緑色)、汚職の無さ(Perceptions of corruption:紫色)、ディストピア+残余値(Dystopia (1.85) + Residual:灰色)を積算しています。

日本の低い幸福度ランキングは、上位国に比べて「寛容さ/緑色」や「汚職の無さ/紫色」が低く、また、その国の価値観が反映した「架空の国ディストピア(1.85)+残余値/灰色」が極端に低いことです。
教育や就職、働き方などの社会的制約や男女格差(世界111位)が大きく、子どもの貧困や少子高齢化、人口減少が進み、生活や自己実現、夢などに対する不安が増加傾向にあることが「幸福度」を下げていると思います。

Ranking of Happiness 2014-2016 / worldhappiness.report