日本の未来投資戦略と”不安な個人、立ちすくむ国家”を読む

未来投資戦略2017(素案) (概要) / 内閣府

2017年6月9日に「Society 5.0(ソサエティ5.0)」の実現を目指して「未来投資戦略2017」が閣議決定されました。

この「未来投資戦略2017」と、経済産業省の次官・若手プロジェクトが作成した「不安な個人、立ちすくむ国家(pdf)」を、どのように読んだでしょうか?

「未来投資戦略2017」を読んでも、安倍政権の「成長戦略で明るい日本」が霞んで見えてしまいます。
経済産業省の「不安な個人、立ちすくむ国家」でもその一部分が指摘されていますが、高度成長時代(日本が発展途上国)に確立させてしまった「協調組合主義的な価値観」からの脱却の難しさです。

世界競争力上位の世界各国は「イノベーション」と「創造力」そして「デジタル経済」への積極投資で、産業構造を適応させ経済を発展させています。また、旧来の法律や制度を見直し「国民の幸福度」を高めています。

どのような高度の成長戦略でも基本は「人間」です。個人が持っている素晴らしい能力や、多様な才能を抑制する組織や企業は発展しないのが21世紀です。人工知能(AI)やFinTech、コンピュータ・データサイエンス分野など「デジタル競争力」の世界ランキング、日本は26位です。

「英国病」に例えた「日本病」、その複合的な疾病を治すためには国民と官僚の覚悟、財界やマスメディアの覚悟、そしてリーダーの覚悟が必須です。「モデル無き時代」を切り拓くのが先進国です。

不安な個人、立ちすくむ国家~モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか~ / 経済産業省

ジェンダーレス男子のドキュメンタリー(Genderless in Japan)

とまん from XOX: @_SWEATM

とまん(Toman Sasaki: 1993年9月14日 – )さんは、日本の男性モデル・タレント・アーティストです。音楽グループ XOX(キスハグキス)のリーダーです。

身長163cm、体重40Kgと、かなり細身なとまんさん。幼少の頃から目立つことが好きで、芸能界入りに憧れていたそうです。両親がともにデザイナーをしていた影響でファッションにも興味を持っていました。

高校時代に仙台市のモデル事務所からスカウトされてモデル活動が始まります。卒業後は、周囲と同じ様な進学や就職を希望せずシドニーに語学留学しています。

米ニューヨークタイムズが制作した興味深いドキュメンタリー「Genderless in Japan」があります。
日本のジェンダーレス男子として、Toman Sasaki(佐々木とまん)さんを取り上げて、社会規範として「男らしさ」や「女らしさ」を強要される「日本社会の生きづらさ」を描いています。

スチーマーのシーンから、「普通にあっていいものだと思うし、無くてもいいものだと思う」との言葉で始まります。最後に「とまん」さんは。「格好良く自分がなりたい姿で生きている、それが男らしいと思う」と語っています。

Genderless in Japan from The New York Times – Video on Vimeo.

Toman Sasaki is among a new wave of young Japanese men bending gender norms. “Regardless of sex, we believe we can live however we like,” he said.
By Ben C. Solomon