世界幸福度ランキング2017(World Happiness Report 2017)日本51位

World Happiness Report 2017 / Facebook

3月20日、国連と米コロンビア大学が設立した「持続可能な開発ソリューション・ネットワーク(SDSN)」と、同大学地球研究所は最新の「世界幸福度報告書2017」を発表しました。

2012年から開始され5回目になります。2016年(世界幸福度報告書2016)は、デンマークが1位となり日本は53位でした。

2017年は155カ国を対象して、ノルウェーが1位、デンマークが2位、アイスランドが3位、以下、スイス、フィンランド、オランダ、カナダ、ニュージーランド、オーストラリア、スウェーデンまでがベスト10です。

主要国(2016年)では、米国は14位(13)、ドイツ16位(16)、英国19位(23)、フランス31位(32)、イタリア48位(50)となっています。大統領弾劾でゆれる韓国は56位でした。日本は51位(53)で先進7カ国(G7)で最低になっています。

この幸福度ランキングは、一人当たりの国内総生産(GDP:青緑)、社会的支援(Social Support:橙色)、健康寿命(healthy life expectancy:赤色)、社会的自由(freedom to make life choices:濃紺)、寛容さ(Generosity:緑色)、汚職の無さ(Perceptions of corruption:紫色)、ディストピア+残余値(Dystopia (1.85) + Residual:灰色)を積算しています。

日本の低い幸福度ランキングは、上位国に比べて「寛容さ/緑色」や「汚職の無さ/紫色」が低く、また、その国の価値観が反映した「架空の国ディストピア(1.85)+残余値/灰色」が極端に低いことです。
教育や就職、働き方などの社会的制約や男女格差(世界111位)が大きく、子どもの貧困や少子高齢化、人口減少が進み、生活や自己実現、夢などに対する不安が増加傾向にあることが「幸福度」を下げていると思います。

Ranking of Happiness 2014-2016 / worldhappiness.report

2016年腐敗認識指数、日本は20位で年々低下

CORRUPTION PERCEPTIONS INDEX 2016 / Transparency International

トランスペアレンシー・インターナショナル(Transparency International, 略称: TI)は、腐敗、特に汚職に対して取り組む国際的な非政府組織です。世界中の腐敗をリスト化した腐敗認識指数(Corruption Perceptions Index)を1995年から毎年発表しています。

この腐敗認識指数は、世界銀行の腐敗指数と並び、世界中の国々の腐敗に関してもっとも一般的に用いられる指標です。TIは調査対象の国の内外において、実業家やアナリストに対してその国の腐敗度の印象を尋ね、その結果をもとに指数を算出しています。これは、国によって法律やその強制力が大きく異なるため、実際の汚職事件の件数をもとにした計算は成り立たないためです。

2016年の腐敗認識指数は、最もクリーンな国がデンマークとニュージーランド(1位/スコア90)となり、続いて3位フィンランド、4位スウェーデン、5位がスイスとなりました。

主要国では、ドイツとイギリスが10位、米国18位、フランス23位、イタリアは60位、また、中国とインド、ブラジルは同一スコア40で79位になっています。隣の韓国は52位、北朝鮮は176カ国中174位になっています。最下位の176位はソマリアです(下記を参照)

日本は、2012年と2013年が17位、2014年15位、2015年18位、そして2016年が20位(スコア72)となり、年々順位(スコア)が低下しています。汚職は世界幸福度ランキングに大きく影響します。日々のニュースで報じられる政治家や官民の様々な不正や汚職事件、皆さんの実感はどの位でしょうか?