古代遺跡の発見に手を貸してください。手遅れになる前に(TED: Sarah Parcak)

Sarah Parcak: Help discover ancient ruins — before it’s too late

考古学者のサラ・パーキャック(Sarah Parcak)さんは、地表から何百キロも離れた軌道を回る衛星を使って、足もとに埋もれている古代の隠された宝を発見しています。

パーキャックさんの見立てでは、ナイル川デルタに限っても、これまでに発掘されている遺跡は存在する遺跡の1,000分の1%にも満たないと言います。

2016年のTED Prizeと感化力のある考古学への情熱をもって、彼女はGlobalXplorerというオンラインプラットフォームを開発し、インターネットが使える者は誰でも、人類の共有財産である遺跡の発見と保護に協力できようにします。2016年TED賞の受賞者、彼女の願いは、世界の共有文化遺産を保護することです。

講演でパーキャックさんが考古学を好きなのは「人間が変わっていないことを確認できるからです。姑をネタにしたジョークが、3,500年前のメソポタミアで見つかります」と言います。そして「私の大のお気に入りは、3,300年前のルクソールのものです。碑文に授業をサボって飲みに行く学生のことが記されています(笑) 近頃の若いもんときたら(笑) 何千年も昔から・・」面白いですね。

パーキャックさんの願いは、世界中の何百万という未知の考古学遺跡が発見できますように。21世紀版の世界探検家の一団を結成し、人類全体の回復力と創造力の手がかりを秘めた、世界にまだ隠されている遺産をどうか見つけ出し守れますように(拍手)

衛星写真は解像度30cmの世界に入って来ました


哺乳類(人類)の祖先はネズミサイズの食虫動物

Artist's rendering of the hypothetical placental ancestor, a small insect-eating animal. / Carl Buell
Artist’s rendering of the hypothetical placental ancestor, a small insect-eating animal. / Credit: Carl Buell

人類を含む哺乳類の祖先は、虫を食べるネズミサイズの4足歩行動物だったとする研究論文が、2月7日に米科学財団(National Science Foundation)から発表されました。

6年に及ぶ国際研究では、現代と先史時代のさまざまな種の遺伝的・身体的特性を含む大量のデータを分析し、哺乳類の進化の詳細な系譜を再現。
中でも、人類やウマ、クジラなどを含む胎盤哺乳類に焦点を当てています。

これまで広く受け入れられていた仮説では、地球上の恐竜を含む全生物種の70%が消え去った大量絶滅以前にも多様な胎盤哺乳類が存在していたと考えられていました。

This shrew-sized Cretaceous-age mammal was uncovered in the Gobi Desert. / AMNH/S. Goldberg, M. Novacek
This shrew-sized Cretaceous-age mammal was uncovered in the Gobi Desert. / Credit: AMNH/S. Goldberg, M. Novacek

写真は、ゴビ砂漠で発見された白亜紀の小さな哺乳類。

今回の新説によると、恐竜が絶滅してから20万~40万年後、小さな胎盤哺乳類がさまざまな種に枝分かれを始め、驚異的な多様性を持つに至ったそうです。

従来説は、遺伝データのみに基づいていたのに対し、今回の研究では遺伝的証拠と解剖学、化石に残された証拠を組み合わせ、より詳細な胎盤哺乳類の進化史を描くことに成功しています。

主執筆者である米ニューヨーク・ストーニーブルック大学のモーリーン・オリアリー(Maureen O’Leary)氏とアメリカ自然史博物館は、特に重要な発見として、進化の分岐点を恐竜の絶滅後と特定できたことだと述べています。

哺乳類は「げっ歯類や霊長類は鳥類を除く恐竜たちと共存していたわけではなく、恐竜が絶滅してから間もなく、せわしなく動き回って虫を食べていた小さな動物から枝分かれした」と説明しています。