運転手なしの自動運転車認可とWaymoのキャンペーン

Let’s Talk Self-Driving / letstalkselfdriving.com

10月11日、米カリフォルニア州の規制当局は自動運転車に関する規則について、運転手が乗車しなくても同州の公道を走行することを初めて認める内容に改正する案を公表しました。
当局によると、新規則は2018年6月までに施行される見通しです。

従来の規則では、自動車会社は安全性評価報告を州当局へ提出することが義務付けられ、車種の更新に際しては認可が必要でした。また従来の規則は、すべての自動運転車に運転手の乗車を義務付けていました。

10月9日に米アルファベット傘下のウェイモ(Waymo)は、「国民安全評議会(National Safety Council)」 や「高齢者の生活のための財団(FSL)」「視覚障害児のための財団(Foundation for Blind Children)」「飲酒運転の根絶を目指す団体(madd.org)」などと協力して、Let’s Talk Self-Driving(自動運転車について話そう)キャンペーンを発表しました。

キャンペーンは米アリゾナ州で開始され、各メディアでキャンペーン広告が行われる予定です。Waymoはフェニックスの住民に自動運転車に試乗してもらうパイロットプログラムも実施しています。

10月12日に米アリゾナ州のテレビ局(abc15)が Foundation for Blind Children(目の不自由な子どもたちのための団体)を取材しています。自身も視覚障害の息子をもっている施設の代表 Marc Ashtonさんは、自動運転車の導入により視覚障害者の移動と自立を助け、いかに自由になるかを語っています。(下記動画)

日本は「ユニバーサル社会」を目指し、2004年に参議院での「ユニバーサル社会の形成促進に関する決議」から13年、少子高齢化の日本こそ、国全体で大胆な規制緩和と、大胆なデジタル技術革新を目指さなくてはと思います。

Waymo has sparked a new education initiative that is starting right here in Arizona. But, they are trying to focus on people who should not normally be in the driver’s seat.

Googleのコアラカー、Waymoのホタル(Firefly)開発を終了

Steve Mahan, who is legally blind, took the world’s first and only truly self-driving ride on public roads in a Firefly without a steering wheel and pedals

2014年に Googleが車体から自社開発した「Google Car」は、ハンドルもペダルもない2人乗りの可愛らしいスタイルからコアラカー(koala car)とか、ガムドロップ(gumdrop)と呼ばれていました(^^)

Alphabet傘下の Waymoでは、ホタル(Firefly)の愛称で呼んでいたようですが、この先進的デザインの完全自動運転車ホタル(Firefly)の開発を終了すると発表しています。

これからは、Fireflyの自動運転システムを引き継ぎ、性能を大幅に向上させた新型AIプラットフォームを搭載して、「手動・自動切替え」が可能な量産車クライスラー・パシフィカ(Chrysler Pacifica Hybrid minivans)の開発に注力していくことを発表しています。

可愛らしいコアラカーの走る姿は、人工知能(AI)の自動走行車というハイテクイメージを和らげ、子どもや障害者、お年寄りに優しいテクノロジーとして定着させたように思います。もちろん自動運転に必要な走行データの蓄積や、ハードウェアやソフトウェアの向上にも寄与しています。

何台かの Fireflyは、カリフォルニア州のコンピュータ歴史博物館と、ロンドンのデザイン・ミュージアムに展示されているようです。少し寂しいですが、未来ではこのデザインが復活するかも(^^)

Our Pacifica minivan builds on what we learned with Firefly, and includes the latest generation sensors and software.

新しい「Google Car」 は、車体から自社開発