壇蜜さん主演の仙台・宮城観光PR動画が配信終了へ

壇蜜主演 【涼・宮城の夏】仙台・宮城観光PR動画

7月5日から公開されていたタレント壇蜜さん主演の「涼・宮城の夏」が8月26日で配信を終了するようです。

この動画は、宮城県や仙台市、JR東日本でつくる仙台・宮城観光キャンペーン推進協議会(会長・村井嘉浩知事)が制作した「伊達な旅」夏キャンペーン(7~9月末)の一環として配信していたものです。

観光キャンペーンのテーマは「涼(りょう)・宮城(ぐうじょう)の夏」で、宮城県は本年度、動画制作などの関連費用として約2億3,700万円を計上。県観光課の担当者は「避暑地として知られる長野よりも気温が低い宮城の快適さを表現したかった。多くの人に見てほしい」と話したそうです。

現在 YouTubeの再生回数が370万回を超え、人気タレントの壇蜜さん(横手市出身)を起用した思惑が当たった格好ですが、「性的な表現が不快」「税金を使うべき動画ではない」との批判も相次いでいました。宮城県議会の野党4会派や女性団体などは相次いで配信停止を県に要請し、退任した奥山恵美子仙台市長も「品位を欠くと言われてもやむを得ない」と指摘しました。

推進協議会会長の村井嘉浩知事は、8月7日の定例記者会見で「一般世論は8割ぐらいが評価している」と反論していました。21日の定例記者会見で、一部県議や市民団体からの抗議について「正直に申し上げると、そちらに対する配慮もした」と述べ、抗議の影響を認めています。

東日本大震災からの復興や観光キャンペーンの意図は理解できますが、日本国内限定の特定層、特に中高年男性の受けと関心を狙った「言葉使い」や「映像表現」は、あまりにも「旧来の内向き論理と価値観」に過ぎるように思います。企画構成メンバーの男女比率や年齢構成の多様性に疑問を持ってしまいます。未来志向のPR動画にはなっていないように思いますが・・・。

<8/26:公式サイトで配信を終了> 夏キャンペーン2017の記者発表に変更(PR動画あり)

岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成

帰厚院 住職 成田賢一さん / Faavo

北海道の岩内町は、積丹半島の付け根にあり、明治の頃からニシンの漁場として繁栄していました。40年前は3万人に迫る勢いがありましたが、近年は漁業の衰退等から過疎化も進み、人口約1万3千人台まで減少しています。

一般サラリーマンからお坊さんになった帰厚院住職の成田賢一さんは、岩内町の重要文化財である帰厚院大仏の英語版パンフレットを作成したいと、クラウドファンディングに挑戦しています。
地域活性化には、地元の協力と英語力は必要不可欠とも考えているそうです。

東京以北最大の「高さ6.8mの木造総金箔大仏」のインパクトもあって、クラウドファンディング開始3日目(残り32日)で目標額の20万円を超えて話題になっています(^^)

日本におけるアスパラガス栽培の発祥の地でもある岩内町には、ニセコ(Niseko)の近隣町村から外国人観光客も増加しているそうです。また、スキー場やリゾート開発なども計画されており、これからの発展も見込まれます。

創業明治32年の「カネタ吉田蒲鉾店」、創業明治44年のテント店「村本テント」、漁師家系直系の水産加工会社「石塚水産」など、地域活性化と岩内町の魅力や老舗の名店をもっと知ってもらいたいと思い、「返礼品」もここでしか手に入らない限定品ばかりです(^^)

帰厚院 阿弥陀如来大仏像 (岩内町有形文化財) / Facebook