重要なのは、夕張市がどうやって稼げるかでは?

開業当初の鹿ノ谷駅構内(1930年)/ Wikipadia

夕張鉄道線は、夕張鉄道(のち北海道炭礦汽船)が運行していた鉄道路線です。
この駅周辺の長屋や石炭を運搬する貨車は、いつも石炭拾いも含めて遊んでいた楽しい風景に映ります(^^)

ニューヨーク在住のりばてぃさんが、NHK取材班による「夕張市破綻から10年…」副題に「第2の破綻を避けるために」とハッキリ書いてありますが、問題の解決策も、状況を改善するためのアイデアや参考情報も、この記事中にまったく一切書いてありません。
なぜ? どうして? それでどうやって「第2の破綻を避ける」のでしょう? 日本のマスコミ報道、このパターン多過ぎ。「労力を使う方向がおかしい気がします」と指摘しています。私も同感です。りばてぃさんの「NYの遊び方」の方が何十倍も建設的で参考になります。

この記事は「縮小ニッポンの衝撃」(講談社現代新書)のPR記事でもありますが、りばてぃさんが指摘するように日本のマスコミは、解決策や改善策を示さないパターンが多すぎると思います。海外メディアと比べると、その報道姿勢の落差を感じてしまいます。

夕張市も今ある資源を活かそうとはしていますが、ニューヨークのようにクリエイティブ主体で新しい価値を創造するような動きにはなっていません。りばてぃさんと「デジタルシティゆうばり」や「アートシティゆうばり」など、夕張地域再生プロジェクトモデルを立ち上げますか(^^)

「ニューヨークの遊び方」の作者りばてぃ(Liberty)さん


岩内町にある木造総金箔大仏の英語パンフレット作成

帰厚院 住職 成田賢一さん / Faavo

北海道の岩内町は、積丹半島の付け根にあり、明治の頃からニシンの漁場として繁栄していました。40年前は3万人に迫る勢いがありましたが、近年は漁業の衰退等から過疎化も進み、人口約1万3千人台まで減少しています。

一般サラリーマンからお坊さんになった帰厚院住職の成田賢一さんは、岩内町の重要文化財である帰厚院大仏の英語版パンフレットを作成したいと、クラウドファンディングに挑戦しています。
地域活性化には、地元の協力と英語力は必要不可欠とも考えているそうです。

東京以北最大の「高さ6.8mの木造総金箔大仏」のインパクトもあって、クラウドファンディング開始3日目(残り32日)で目標額の20万円を超えて話題になっています(^^)

日本におけるアスパラガス栽培の発祥の地でもある岩内町には、ニセコ(Niseko)の近隣町村から外国人観光客も増加しているそうです。また、スキー場やリゾート開発なども計画されており、これからの発展も見込まれます。

創業明治32年の「カネタ吉田蒲鉾店」、創業明治44年のテント店「村本テント」、漁師家系直系の水産加工会社「石塚水産」など、地域活性化と岩内町の魅力や老舗の名店をもっと知ってもらいたいと思い、「返礼品」もここでしか手に入らない限定品ばかりです(^^)

帰厚院 阿弥陀如来大仏像 (岩内町有形文化財) / Facebook