金正男氏の息子、キム・ハンソル氏が支援に感謝

Nordkorea 2015 – Pjöngjang – Chollima Statue / Uwe Brodrecht

2月13日にマレーシアで殺害された北朝鮮の金正男(キム・ジョンナム)氏の息子、金漢率(キム・ハンソル/김한솔)氏が YouTubeに自ら姿を現した理由に関心が集まっています。

動画では、キム・ハンソル氏と見られる人物が身分証明として自身のパスポートを提示した上で、「私の名前はキム・ハンソルです。数日前、私の父は殺害されました。いま、私は母と妹といます。状況がよくなることを願っています」と話しています。韓国の情報当局関係者が本人と確認しています。

動画を掲載したのは、北朝鮮脱出住民(脱北者)の支援活動をしているとみられる Cheollima Civil Defense(チョルリマ民間防衛)です。千里馬(Cheollima)は、翼を持ち一日に千里を駆けるという北朝鮮においては社会主義建設の象徴とされ、平壌の万寿台には千里馬の銅像があります

団体は声明で「チョルリマ民間防衛は先月、金正男氏の遺族からの緊急の求めに応じました。私たちは遺族の3人と接触し、速やかに安全な場所に保護しました」「これが、この問題(正男氏遺族の保護)についての最初で最後の声明であり、現在の遺族の場所については明らかにしない」としています。

また、「緊急時に家族の人道的避難を支援したオランダ政府、中国政府、米国政府、そして匿名の政府に感謝します。また、北朝鮮システムの中でサポートをしている仲間たちに感謝します」と述べています。

ドキュメンタリー映画「海は燃えている(Fuocoammare )」

Fuocoammare (2016) / IMDb

ジャンフランコ・ロージ監督の「海は燃えている〜イタリア最南端の小さな島〜」は、アフリカ大陸にもっとも近いイタリア領最南端の島ランペドゥーサ島を舞台にしたドキュメンタリー映画です。

12歳の少年サムエレが生まれたこの島には、彼が知らないもうひとつの顔があります。それは、アフリカや中東から命がけで地中海を渡り、ヨーロッパを目指す多くの難民・移民の玄関口としての顔です。

島の自然の中で無邪気に遊ぶ少年サムエレの笑顔、過酷な海の旅を経て島へとやってきた難民の涙。
小さな島の中には死があり、そして、生があります。美しく詩情あふれる映像と共に描かれるそれぞれのストーリーがドラマチックに心を揺さぶる、静かな衝撃作です。

ジャンフランコ・ロージ監督が島へと移り住み、1年半をかけて温かくも冷静な眼差しで、島の「真の姿」を描き出したドキュメンタリーです。

ロージ監督は、二作連続で世界三大映画祭の最高賞を受賞しただけでなく、「ベルリン」「ヴェネチア」でドキュメンタリー映画で初の最高賞を受賞するという快挙を成し遂げています。
審査員長のメリル・ストリープは「現代を生きる私たちに必要な映画。この映画が世界中で公開されるためならどんなことでもする」と力強く本作を応援しています。

・第66回ベルリン国際映画祭金熊賞(グランプリ)受賞
・第89回アカデミー賞外国語映画賞イタリア代表
「海は燃えている~イタリア最南端の小さな島~」は、2017年2月11日(土・祝)から Bunkamuraル・シネマほか全国で順次公開です。