スマートスピーカー利用者はモノマネするペットにもご用心

African Grey Parrot (Psittacus erithacus) / Wikipedia

イギリスのロンドンで、ペットのヨウム(バディ)が飼い主の声をまねて、Amazon Echoを使って10ポンドのギフトセット(約1,500円)を注文するという珍事が起こりました。英大衆紙サン(The Sun)が伝えています。

ロンドン南東部に住むコリエンヌ・プレトリアス(Corienne Pretorius)さんは、家族にも覚えのない注文が発覚して調べていたところ、バディがスピーカーとやり取りしているのを耳にして「犯人」が分かったということです(動画参照)
プレトリアスさんは、「バディが Amazonで注文したとわかったときには信じられませんでした」と語っています(^^)

ヨウム(洋鵡、学名:Psittacus erithacus)は、アフリカ西海岸の森林地帯に分布する大型インコです。知能が高く人の言葉をよく覚える種として名高く、飼い鳥として人気があるそうです。人の言葉を真似るだけではなく、言葉の意味を理解して人間とコミュニケーションをとる能力があると言われています(^^)

次世代のエコシステムとして期待されていますが、いまの技術水準では音声による面白い出来事?は避けられないようです(^^) 米国で起きた「テレビ音声を聞いて反応 Amazon Echoと Google Home」のような珍事件もありましたが、モノマネするペットにも用心がいるようですね(笑)

Google Homeの日本語版が10月上旬にも発売になりますが、スマートスピーカーの普及に伴って音声ならではの珍事が起こるかもしれません(^^)

異文化を可笑しく映像表現 time for sushi(寿司の時間)

time for sushi(成人向け)/ dlew

米ロサンゼルスのアーティスト、デイビット・レヴァンドフスキ(David Lewandowski:Twitter)さんの面白いショートムービー「time for sushi」です。

冒頭に日本ではお馴染みのフレーズ「・・守るため、皆さまのご協力をお願いたし・・・」の街頭放送が流れ、そして誰も座っていない優先席の映像が流れます。

そこに空から突然全裸の2人が現れて踊りだします。次第に増えて全裸の群衆となり街中を踊り狂っています(笑)
歌舞伎の発祥とされる「かぶき踊」からインスパイアされたのでしょうか?

日本らしい社会規範や整然とした空間に、異文化の象徴として無秩序で全裸の踊り狂った人間たちを登場させています。この肉体美を全面に出したムービーの可笑しさは、日本文化との対比でしか表現できないように思います。

いまや世界的に「面白い寿司」があるように、この time for sushi(寿司の時間)は、カルフォルニアの「映像寿司」と呼べるように思いますね(^^) Vimeoでは「成人向け」指定です。

time for sushi from dlew on Vimeo.

我々のようなインディーアーティストにとってYouTubeの未来は今までになく不透明になってきています。私の作品のグッズを購入してサポートしてくれる方々に大変感謝しています。この三作目のビデオを作るにあたり、このシリーズは元々アンチコマーシャルな精神から来ているのもあり、グッズ販売をする予定はありませんでした。しかし、2017年の初旬にYouTubeから大手広告が手を引いたことにより、我々映像作家に大きな影響を与えました。本やタオルを買っていただくことが私の次のステップの助けになります。