パーソナライズ化された未来の宅配便を目指す

The self-driving delivery robot / Starship Technologies

飲食店やお花屋さんなどのデリバリーを代行している専門業者 Postmatesが、ニューヨークの地下鉄駅構内で「奇抜な広告ポスター」で知名度のアップを狙っています(^^)
ニューヨーク在住のりばてぃ♪さんが投稿しています。

この Postmatesは、2011年にサンフランシスコで創業し、全米各地で地域密着のオンデマンド宅配便を展開しています。2017年3月9日からワシントンDCで、Starship Technologiesが開発したデリバリー・ロボットの運用を開始しています(動画参照)

Starship Technologiesを創業した Ahti Heinla氏とJanus Friis氏は、Skypeの共同創業者でもあり注目度も高く、既に約20億円もの資金調達を完了している有力ロボットメーカーです。モバイル技術、特別設計の自動運転ロボット、地元の配送システムを組み合わせることで、配送をより迅速にスマートにそしてローコストで効率よく行うことを目指しています。

自動運転車(無人運転)や無人配送ドローン、このデリバリー・ロボットなど、世界的に「交通や配送のラストワンマイル」を解決するイノベーションと技術革新が進行しています。市街地や田舎、山の中(^^)など、個人が居住する地域や環境に合わせたスマートでローコストな「人流」と「物流」「配送」がテクノロジーの進展で可能になっていきます。未来の宅配便は間違いなくパーソナライズ化されます。

無人の宅配ロボットから食料を盗もうとする誘惑に駆られます(笑)

ゆるぎない愛の姿(TED: This is what enduring love looks like)

Alec Soth + Stacey Baker: This is what enduring love looks like
Alec Soth + Stacey Baker: This is what enduring love looks like

ステイシー・ベイカー(Stacey Baker)さんが強く惹かれてきたのは、カップルがどのように出会うかということです。
そこで彼女は、この主題を追求するのを手伝って欲しいと、写真家アレック・ソス(Alec Soth)さんに依頼しました。

そして2人は、バレンタインデーにラスベガスで開かれた、世界最大級のお見合いパーティーに参加し、次に、ネバダ州最大の退職者タウン(シニアタウン)に出かけることになりました。
そしてソスさんは、それぞれの場所でカップルの写真を撮影しました。

出会いと結婚という両極の中から、彼らはカップルが出会い、共に人生を作り出していくまでの、美しい歩みを明らかにしていったのです。私たちはカップルに昔の結婚写真がないか、たずねるようにしていました。

最後にソスさんは「私は思いました、恋に落ちたばかりの若いカップルの写真と、この写真を何十年も持ち続けた2人のどちらがより美しいのだろうかと・・・」

米国では、1960年以降これまで約2,000ヶ所の街が新たに建設され、人口数万人規模の「退職者の村」はよく知られた存在になっています。