幸せを目指すだけが人生じゃない(TED: Emily Esfahani Smith)

Emily Esfahani Smith: There’s more to life than being happy

スタンフォード大学フーバー研究所の編集者で作家のエミリー・エスファハニ・スミス(Emily Esfahani Smith)さんの TED Talksがあります。

私たちの文化は幸せになることに執着していますが、もっと満たされる生き方があるとしたらどうでしょう?

スミスさんは「幸せは気まぐれなものだ」と語ります。そして、「生きがいを見いだすことは、自分自身のためになるだけでなく、最高の自分に高めてくれ、拠り所となる確かな手応えを与えてくれるのです」と述べています。

「生きがいのある人生」を、4つの柱で説明しています。1つ目は愛情から生まれた「結びつき」です。2つ目の柱は「目的」です。目的を持つことは、自分のやりたい仕事を見つけることとは違います。目的は自分のやりたいことよりも、何を与えられるかなのです。
3つ目の柱も、自分の限界を超えることですが、まったく違う方法「超越」です。4つ目は「ストーリーテリング」、自分で語る自分についての物語です。人生は単なる出来事の連続ではありません。自分の物語を編集し、解釈し語り直すことができます。「たとえ事実という制限があったとしても」と、情熱を込めて語っています。

最後に「幸せ」は、訪れては消えてしまいます。でも人生が本当に充実していれば、物事がまったく上手くいかなくても「生きがい」があることで踏ん張れるのです。ありがとうございました (拍手)

スミスさんの著作「The Power of Meaning(未訳)」では、「自分の仕事にやりがいを感じる人が少ないのは、なぜだろうか」として、目の前の仕事に意義を感じるための具体的な方法論が提示されています。

脳はどのように美しさを判定するか?(TEDMED: Anjan Chatterjee)

Anjan Chatterjee: How your brain decides what is beautiful

神経科学者のアンジャン・チャタジー(Anjan Chatterjee)さんは、最も魅力的な概念である「美しさ」の研究において、進化心理学と認知神経科学というツールを利用して「脳はどのように美しさを判定するか?」を講演しています。

チャタジーさんは「相手の中に美しさを見つけることは、もちろん判断は個人によりますがグループの存続に貢献する要素により形作られます。多くの実験によって、基本的ないくつかの要素が顔を魅力的にする事が示されました」と述べています。

美しさの基本的な要素「平均化、対称性、ホルモンの影響」について、それぞれ説明しています。
対称性では、1930年代にマクシミリアン・ファクトロヴィッチ(Maksymilian Faktorowicz)氏が、美顔測定器を設計する際に美しさにおける「対称性」の重要さを認識して、わずかな対称性の乱れを測定しています。そして、販売したのはそれを修正するための製品で、彼自身の名前を受け継いだ「マックス・ファクター」と紹介(写真)

「美しい人を見たときに脳では何が起こるのか?」の研究と実験から、「私たちの脳は、視覚と快楽を結び付け美しさに自動的に反応するとしています。どうやら私たちが美しい人を見ると、そのとき他の何を考えていようともいつもピーンと反応するようです」と興味深い成果も披露します(^^)

「美は良い事」そして「醜さは悪い事」という「刷り込み」をメディアが利用して「悪意のある人」を表現するという不当な扱いで増強されます。私たちは「この種の無意識の偏見を理解し、その人たちの外見ではなく行動によって判断する社会を目指していく必要があります」と述べています。

Max Factor Sr. in 1935, demonstrating his beauty micrometer device