貧困は人格的な欠陥が原因ではない(TED: Rutger Bregman)

Poverty isn’t a lack of character; it’s a lack of cash | Rutger Bregman

オランダ人歴史学者で、ユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)支持者のルトガー・ブレグマン(Rutger Bregman)氏は、TED Talkで「貧困は人格の欠陥によるものではありません。貧困は現金の欠如によるものなのです。」と締めくくり、1,000人を超える観客から大喝采を浴びました。

「貧困層は不健康な食事をし、貯蓄が少なく、薬物をより頻繁に使用する傾向にある。なぜなら、基本的な欲求が満たされていないからだ」と述べ、「貧困は人格的な欠陥が原因ではなく、現金の欠如によるもの」と語ります。

ブレグマンは講演で、UBIのシステムをつくることは、これらの欲求を満たすのに一番手っ取り早くて簡単な方法であると述べています。

隷属なき道 AIとの競争に勝つベーシックインカムと一日三時間労働 / ルトガー・ブレグマン (著), 野中香方子 (翻訳)

また、Amazonでベストセラー(カテゴリ)となっているなど、ブレグマン氏の著作「隷属なき道」も話題になっています。興味深い本です(^^)

いま「人間がAIとロボットとの競争に負けつつあること」、その結果「中流」は崩壊し「貧富の差は有史上もっとも広がりつつある」としています。
ブレグマン氏は、それに対する処方箋は、人々にただでお金を配ること、1日の労働時間を3時間にすること、そして国境線を開放することである。それこそが、機械への「隷属なき道」となるとしています。

現在、世界各国のユニバーサル・ベーシックインカム(UBI)については、フィンランド、ケニア、カリフォルニア州オークランドなどで実験が行われています。
2017年の後半にはオランダとカナダで新たな試みがスタートする予定です。ブレグマン氏によると、すでに手段や研究結果、ニーズはそろっていて、あとは実行に移すのみだということです。

アルツハイマー病を予防するために出来ること(TED: Lisa Genova)

Lisa Genova / Photo: Marla Aufmuth / TED2017

アルツハイマー病があなたの脳の運命でなくてもいいのです。

映画化もされ、世界31の言語に翻訳されたベストセラー「アリスのままで」の著者リサ・ジェノヴァ(Lisa Genova)氏は言います。

米国の認知症研究団体に所属しているジェノヴァ氏は、ベイツ大学で生体心理学の学位、ハーバード大学で神経科学の博士号を取得しています。うつ病やパーキンソン病の病因学および脳卒中後の記憶の喪失などを、おもな研究領域としています。

このTED Talkでは、最新の研究を紹介するとともに、アルツハイマー病に強い脳を作るために私たち個人ができることについての有望な研究成果も語っています。笑いを交えた非常に興味深い講演です。

Lisa Genova: What you can do to prevent Alzheimer’s

ジェノヴァ氏は分子的なアルツハイマー病の原因(シナプスのアミロイドβ蓄積)を説明して、「精神的に刺激を受ける活動をする人々は、アルツハイマー病のような疾患がシナプスの一部を欠損させてしまっても、予備の神経結合があり、これが緩衝材となって何かが欠けているとは気づかない」と語ります。

そして「アルツハイマー病にかかりにくい脳を作るためには、クロスワードパズルや既に学んだ情報を取り出すだけでは不十分です。新しい神経の道を作るんです。外国語を習ったり、新しい友達を作ったり、本を読んだり、TEDトークを聞くことです」と述べています。