世界最長の万盛区にあるA字型ガラス床展望橋

80米玻璃悬廊现身重庆万盛 游客体验惊险刺激 / chinanews.com

中国の重慶にある深い峡谷から高さ約120メートルの位置に、世界最長の片持ちばり(一端だけが固定されている)のA字型をしたガラス展望橋(天空悬廊)が観光客の興奮と恐怖を呼んでいます(^^)

万盛区の景勝地、奥陶紀の断崖絶壁から水平方向に向かってA字形に長さ80メートルほどの展望橋のガラスの床から下を見ると、めまいがしそうな絶景が広がっています。一度に通行できる人数は30人に制限されているようです。

断崖の高さは約300メートルあり、ガラス床の展望橋は太いケーブルで支えられています。このタイプのものとしては、世界最長としてギネス世界記録に認定されています。風があると怖そうですね(^^)

万盛(重庆市万盛区)は、経済開発区として自然(万盛石林など)を活かしたアウトドア中心の公園が造られています。この公園にはキャンプ場や遊具もあり、断崖の高さとスリルを体験する吊り橋、ブランコなども設置されています(^^)

ガラス橋では昨年の6月に「世界最長の張家界大峡谷ガラス橋で安全確認」のパフォーマンスが話題になり、1日8,000人限定でしたが実際の需要はこの10倍程度あったようです。わずか12日後の9月2日に営業を中断、9月30日「1日1万人まで」として営業を再開しています。

かわいい惑星探査ドロイド3DCGアニメ Planet Unknown

Planet Unknown / Shawn Wang
Planet Unknown / Shawn Wang

21世紀の終わりに、人類は地球資源の枯渇に直面していました。2体の自律型探査ドロイドは、惑星の居住可能性を探るために送り出されました。

短編アニメーション、未知の惑星(Planet Unknown)の物語は今日的で分かりやすく、特に助け合う2体の探査ドロイドのかわいい動きと仕草や、その発する声、効果音なども楽しく製作されています(^^)
映画「WALL・E/ウォーリー」の主人公ウォーリーを思い出させます。

制作したのは、上海在住の CGジェネラリスト Shawn Wangさん。この Planet Unknownは、中国伝媒大学(Communication University of China)の卒業制作ムービーです。
惑星探査のアイデアは、2014年SF映画クリストファー・ノーラン監督のインターステラー(Interstellar)、登場する2体の人工知能ロボットTARSとCASEにもインスパイアされています。
さらに NASAのマーズ・サイエンス・ラボラトリー(Mars Science Laboratory、略称: MSL) や、映画「WALL・E/ウォーリー」からも影響を受けています。

2016年バーバンク国際映画祭(Burbank International Film Festival)で、最優秀短編アニメ賞を受賞しています。また、数多くの映画祭で公式セレクションされています。

Planet Unknown from Shawn Wang on Vimeo.